賑わう喫茶店

蒸し暑い夏になると誰もが喫茶店を訪れます。ピョンヤンのポトン川*1の辺にあるマンスギョ喫茶店もその一つでいつも人々でにぎわっています。40数年という古い歴史を誇っていますが、近年、現代感覚にマッチして新装オープンしました。

支配人のパン・オクファさんはこう話します。

「マンスギョ喫茶店では色々なパンとソフトドリンクを出しています。パンは9種類、それに有名なテドンガンビール*2とお茶、コーヒーを味わえます。特にかき氷とアイスクリームは子供はもとより大人も大歓迎です。喫茶店は日に2回、昼と夜の開店となっています。昼間もお客さんでいっぱいですが、夜は退勤ということもあって冷たいテドンガンビールを飲んで一日の疲れを癒す人たちでとても賑やかです」

マンスギョ喫茶店は屋内と屋外に分けられています。屋内にはパンとソフトドリンクを出すところ、コーヒー店、ビールを出すホールがあります。調理設備が完備していてパンとアイスクリームを店内で作っています。ここで出しているパンとアイスクリームはとてもおいしく誰もが好んでいます。

お茶はコーヒーとともにコーヒー店で出しています。屏風式のガラス張りの壁と古典風の焼き物で飾られたコーヒー店はとてもユニークです。

マンスギョ喫茶店で一番賑わうのはビヤホールで、ここでは7種類のテドンガンビールを出しています。テドンガンビールは独特な味で人気を集めています。ホールの円形のテーブルは使用者にとても便利になっています。屋内だけでなく涼しい川風に吹かれる屋外での一杯はなんともいえないものです。

今も炎天下を避けて大勢の人がここマンスギョ喫茶店を訪ねています。

2014年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 普通川(普通江、보통강)
*2 大同江ビール(テドンガンビール、大同江麦酒、대동강맥주)は、朝鮮半島のビール。北側(朝鮮民主主義人民共和国)だけでなく南側(大韓民国)でも愛飲されている。朝鮮半島北部最大級の川である大同江が流れる平壌市に、大同江ビールの工場がある。大同江ビールは、平壌市に200店舗(2005年)ある「大同江ビアホール」(大同江ビール工場直営)に置いている他、平壌高麗ホテル、玉流館、ソウル市の飲食店などに置いている。市民に上質のビールをという、金正日総書記の思い入れがある、別名「『アツい』ビール」。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-10 (月) 22:07:13