現実味のある研究課題

農業研究院で穀物の収量を高めるのに役立つ科学研究に励んでいます。研究院の農業化学化研究所では、現実味のある科学研究の課題を選び、それに本腰を入れて、研究に拍車をかけています。

研究所では、土壌や穀物の特性に合う様々な製品を開発する方向で研究を進めています。年に2回のアイディア発表会を行って、良いものは研究課題に登録し、開発された製品はテスト生産でその効果を確かめています。最近は、遅効性肥料の品質を改善し、生産に導入するための研究が深まっています。

キム・ヨンソル所長のお話です。

「肥料と農薬、成長調節剤と栄養剤、除草剤と異常気象に対応した手段の開発などに主眼を置いて、国内の実情に合いながらコストダウン、効果大のものを研究するのが総体的な方向です」

現実的に切に求められる研究課題を一つ一つ解決していく研究者の情熱によって、国の農業発展に役立つ多くの成果が収められています。

(経済―農業)

ike220712005_001.jpg
ike220712005_002.jpg
ike220712005_003.jpg
ike220712005_004.jpg
ike220712005_005.jpg
ike220712005_006.jpg
ike220712005_007.jpg
ike220712005_008.jpg
2022.08.09の記事
農業研究院・農業化学化研究所エコ型の化学農薬


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-30 (火) 19:53:45