朝鮮軍隊の強制解体

1905年の「乙巳5条約」の捏造で朝鮮封建国家の外交権を強奪し、1907年の「丁未7条約」の捏造で内政権まで奪い取った日帝は、次いで名ばかりの朝鮮軍隊の解体に取り掛かりました。

当時、朝鮮軍隊の兵力数は9000人程度でしたが、それさえ編制と装備の面で立ち遅れていました。日帝がこのような軍隊の解体まで急いだのは、朝鮮を永続占領する上で軍隊の反抗を何よりも恐れていたからです。

1907年8月1日、日帝は狡猾で悪辣な手法により、ソウルで朝鮮軍隊の解体式を行い、次いで各地方の軍隊も全部解体しました。こうして日帝は、正規軍のない朝鮮を大きな抵抗を受けることもなく併呑することができました。

交戦一方でない日本が、敗戦国でもない朝鮮の軍隊を武装解除し、正規軍を完全に解散させたのは、歴史にかつてない横暴でした。

ike200707003_001.jpg

軍事訓練をしている朝鮮軍隊

 
ike200707003_002.jpg

解体される前の朝鮮軍隊

 
ike200707003_003.jpg

朝鮮軍隊の解体についての伊藤「統監」の極秘電報

 
ike200707003_004.jpg

朝鮮軍隊の解体のためソウルに警戒を敷いた日帝侵略軍

 
ike200707003_005.jpg

朝鮮軍隊の兵舎を占拠した日帝侵略軍

 
ike200707003_006.jpg

日帝によって強制解体された朝鮮軍隊

 

(時事評論)

2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-01 (土) 18:39:22