恩にあずかった学院の子供たち

ピョンヤン郊外にピョンヤン初等学院があります。教育環境と生活条件が最高のレベルでつくられたこの学院は、次世代のためのことを党と国家の第一の重大事としている朝鮮労働党の恩情溢れる措置によって建てられた親のいない子供たちの幸せの住処です。

チュチェ106(2017)年2月、敬愛する最高指導者金正恩委員長は新築されたピョンヤン初等学院を訪れました。童心に合わせて立派につくられた学院の全景を喜びのなか眺めた金正恩委員長はほんとうにすばらしい造りだと言い、校舎と寮など学院の各所を見ました。

多機能化、情報化した各教室と様々な教具備品が円満に整っていることを評価した金正恩委員長は生徒たちの国語の授業も見ました。そして、教員の授業の方法と教具の利用状況、生徒たちの認識能力と教科書やノートの質に至るまで具体的に見聞きしました。また寮の寝室と食事室、理髪室などを見て、生徒たちの生活上のことに細かく気を配りました。

この日、金正恩委員長は教員の教育者としての資質を高めることについて話し、教職員が生徒みなの親となって人格の形成や人間生活に必要な様々な教育を具体的に行うことを重ねて強調しました。

さらに、親のいない学院の生徒たちが信じて頼るところは労働党しかない、学院の教職員が、生徒たちが悲しみを知らず一点の陰りもなく、芯が強く、逞しく、明るく、朗らかに育つよう、私の心まで合わせて面倒をよく見ることを頼む、と切々と言いました。

この日、金正恩委員長は学院の生徒、教職員と共に記念写真も撮りました。

金正恩委員長の温情溢れる子供たちの住処、学びの場であるピョンヤン初等学院からは親のいない子供たちの文読む声、幸せな歌声が高らかに鳴り響いています。

(今日の朝鮮)

ike191204030_001.jpg
ike191204030_002.jpg
ike191204030_003.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-06 (月) 20:12:56