国家負担による住宅建設

カン・ソンヒ(カン・ソニ):はい、『国家負担による住宅建設』というテーマで話し合いたいですが…。

シン・ヨンイル:はい。朝鮮では人民の為の多くの施策が実施されていますが、その1つが国家負担による住宅建設です。

カン・ソンヒ:はい。住宅建設といいますと、今世界的にこの住宅問題を解決する為多くの国が努力しているんじゃないですか?

シン・ヨンイル:そうですね。

カン・ソンヒ:しかし住宅の価格が鰻登りに上がっていますし、頻繁な自然災害によって相も変わらず深刻な問題となっていますね。

シン・ヨンイル:はい、ご尤もです。昨年の事だけを見てみましょう。イタリアでは住宅の平均価格が前の年に比べ1.9ポイント高かったとの事です。そして6月、アイルランドでの住宅の価格は1年前より6.9ポイント高かったといいます。

カン・ソンヒ:はい。また、ニュージーランドはどうでしょう? 7月に住宅の平均価格がその前の年の同月に比べ25.2パーセント上がり、その当時としては最高記録をマークしたといいます。

シン・ヨンイル:昨年は台風や集中豪雨・大水のような自然災害が尚酷く現われ多くの家屋が倒壊していますね。

カン・ソンヒ:はい。私もテレビを通じてそれを見ていますがね…。

シン・ヨンイル:はい。

カン・ソンヒ:こんな言葉があります、『人は一生の間、半生は家で過ごす』…。

シン・ヨンイル:『半生は家で過ごす』ですか?

カン・ソンヒ:はい。

シン・ヨンイル:それだけ家の尊さを悟らせる事だと思います。

カン・ソンヒ:えぇ、そういう事です。朝鮮人民の一番の関心事も正にこの住宅問題です。

シン・ヨンイル:やっぱりそうですよね。

カン・ソンヒ:それで朝鮮労働党は住宅建設を『一番張り合いある栄えある革命活動』として国家的な投資をしているのです。

シン・ヨンイル:『勤労者の住宅建設を全て国家が受け持つ』というのは朝鮮で既に久しい前から、そして条件が有利になろうと不利になろうと関係無く無条件実行する事となっているんですね。

カン・ソンヒ:そうですね。2021年から2025年までの5ヵ年計画期間、平壌市の5万世帯の住宅建設の目標がそれを雄弁に物語っていますね。

シン・ヨンイル:はい。実際、挑戦と障害がいつにも増して酷い今のような状況下で大規模な建設を行なうという事自体が想像出来ない事ですからね。

カン・ソンヒ:えぇ。しかし第8回党大会では平壌市の5万世帯の住宅建設を政策としました。『住宅問題を一番先に解決した国にしよう』というのが党大会が示した建設に関する政策の中核です。

シン・ヨンイル:本当にそうです。昨年は松新と松花地区に1万世帯の住宅が建ち上がり…。

カン・ソンヒ:はい。

シン・ヨンイル:ことしはまた和盛地区に1万世帯の住宅が建設される予定です。

カン・ソンヒ:これから2025年まで毎年1万世帯ずつ…。

シン・ヨンイル:つまり5万世帯ですね。

カン・ソンヒ:はい。こうして5万世帯の住宅を建設するなら既に建設中の1万6千世帯余りの住宅まで合わせて、ほぼ7万世帯の住宅が出来上がりますが…。

シン・ヨンイル:はい。

カン・ソンヒ:そうしますと首都市民の住宅問題が徹底的に解決されるでしょう。

シン・ヨンイル:平壌だけではありませんね。昨年、咸鏡南道の金徳地区*1と両江道の三池淵市が姿を一新する等、地方の建設も力強く推し進められています。

カン・ソンヒ:という事で朝鮮では5ヵ年計画期間に全国的範囲で不足する住宅問題が基本的に解決されるでしょう。

シン・ヨンイル:はい。人にとって生活の場、幸せの場となっている家。誰もが自分の家、温かい揺り籠で幸せな生活を営む事を望んでいます。

カン・ソンヒ:はい。

シン・ヨンイル:その願いが朝鮮では労働党と国家の人民的な施策によって現実のものとなっています。

カン・ソンヒ:お話を聞いていますと本当に胸が一杯になりますね。

シン・ヨンイル:はい。では今日はこの辺で終えようと思いますが…。

カン・ソンヒ:そうしましょう。

(政策)

2022.03.15 サイト音声の聞き書き、小芝居


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 検徳地区、剣徳地区

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-16 (水) 19:52:14