作曲家キム・ウォンギュン

朝鮮の音楽の歴史には人民に愛される作曲家キム・ウォンギュン*1もいます。キム・ウォンギュンは不滅の革命賛歌「金日成将軍の歌」と「愛国歌」など多くの名曲を手がけています。キム・ウォンギュンは音楽と美術を愛した普通の労働者でした。

チュチェ34(1945)年、朝鮮が日帝の植民地支配から解放され、キム・ウォンギュンの希望も叶えられました。朝鮮人民が数千年の歴史で初めて迎えて高く戴いた金日成主席に対する限りない敬慕の念を持っていた作曲家は民族の永遠なる太陽を歌う歌を作曲したい思いに駆られました。

それで革命賛歌の作曲に心血を注ぎ、チュチェ35(1946)年、不滅の革命賛歌「金日成将軍の歌」が生まれました。続いて「愛国歌」を作曲して、朝鮮民主主義人民共和国の国歌を作るのに貢献しました。

その後は「朝鮮行進曲」、「闘争歌」、「民主青年行進曲」、「鉄の隊伍は進む」、「われらの最高司令官」など人々が好んで歌う優れた作品を多く作りました。

キム・ウォンギュンは長い間、音楽部門で活躍し、国の音楽の発展に大いに寄与しました。キム・ウォンギュンは「金日成賞」と労働英雄人民芸術家の称号を受けています。

主体的音楽芸術教育の殿堂である共和国のキム・ウォンギュン・ピョンヤン音楽大学と共に音楽の歴史に名を残した作曲家キム・ウォンギュンの功績は今に伝えられています。

2015年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 金元均(キム・ウォンギュン、김원균、1917年1月2日-2002年4月5日)は、朝鮮民主主義人民共和国の作曲家、最高人民会議代議員。平壌音楽舞踊大学(現、金元均名称平壌音楽大学)学長、朝鮮民族音楽委員会委員長、朝鮮音楽家同盟顧問、血の海歌劇団団長などを歴任した。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 16:20:10