新しい朝鮮の初の歌

朝鮮が解放され、喜びと感激に満ちていた歴史的なその時を歌い上げた一曲の歌があります。朝鮮の有名な作曲家であるキム・ウォンギュンさんが作った「朝鮮行進曲」、と言う歌です。歌詞は次の通りです。

  1. 花園三千里に夜が明ける
    新しい朝に光明がさす
    進め前へ三千万同胞
    進め前へ民主朝鮮万万歳
  2. 自由と平和の旗を掲げ
    新しい朝鮮を建設していく
    進め前へ三千万同胞
    進め前へ民主朝鮮万万歳

キム・ウォンギュンさんは、日本帝国主義の植民地であった朝鮮が解放された翌日であるチュチェ34(1945)年8月16日、この歌を作りました。チュチェ34(1945)年8月15日は新しい朝鮮の誕生と朝鮮人民の運命に転換をもたらした歴史的な日でした。偉大な金日成主席は、遊撃隊を組織し、霊妙な戦術で日本帝国主義を打ち倒して国を解放しました。

朝鮮人民は、国の解放とともに日帝のあらゆる搾取と従属から完全に脱し、人間の真の権利をもって幸せに暮らすことができました。新しい朝鮮の躍動する現実は、そのまま歌詞となり、大衆を奮起させる力強いメロディーとなりました。

金日成総合大学文学大学の教師チェ・リョンさんのお話です。

「歌の前の部分には解放を迎えた朝鮮人民の感激と喜び、新しい朝鮮を建てようとの朝鮮人民の揺ぎ無い意志が込められています。そして繰り返しの部分では朝鮮人民みなが団結して新しい国づくりに積極的に立ち上がることを呼びかけています」

新しい国作りに奮起した朝鮮人民の思いをそのまま反映していて、「朝鮮行進曲」、この歌は創作された後、国中で広く歌われました。

新しい朝鮮の初の歌として力強く響き渡った「朝鮮行進曲」は、栄える国づくりの第一歩を踏み出した当時のことを思い起こし、今も朝鮮人民の心の中に残っています。

2016年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-09 (木) 20:22:34