一人とみんな

「一人はみんなのために、みんなは一人のために!」、このスローガンは朝鮮のどの職場でもよく見かけられます。

ここは金正淑平壌製糸工場です。年間計画・上半期の計画達成者が次々と出ている工場ですが、自分一人だけでなく職場・工場の皆が計画の達成者になろうという集団主義の気風が工場に満ち溢れています。

img_vok210705b_01.jpg
img_vok210705b_02.jpg
img_vok210705b_03.jpg
 

金正淑ピョンヤン製糸工場の糸繰り工 チョン・スヨン

img_vok210705b_04.jpg

「この4月8日、一番先に年間計画を達成した時、とても嬉しいでした*1。工場が上半期の計画を繰り上げて達成するのに微力ながら寄与したという誇りを感じました。でも、私一人だけ計画を達成するようでは不十分でした。新入りのクァク・ヒョンギョンさんも計画を繰り上げて達成してのみ、作業班の上半期の計画を達成することが出来ます。新入りを熟練工に育てるのは容易いことではありません。しかし、工場と作業班の名誉に私の名誉もあると思うと力が湧いてきました」

 

金正淑ピョンヤン製糸工場の作業班長 チョン・グムシル

img_vok210705b_05.jpg

「工場の誇りである英雄称号受賞者キル・ファクシルさんの精神は私たちみなを勇気付けました。英雄を鑑に生きようと作業班のみなが協力しました」

 

キル・ファクシルさんは千里馬時代に英雄称号を受けました。キルさんは自分の手で絹糸を沢山紡ぎ出して人民に送りたい気持ちでした。作業班長だったキルさんは千里馬作業班の称号を獲得する事を決意しました。

数10人もの班員をその実行に決起させた日々の中には感動深いシーンや涙ぐましい話も多くありました。病の同僚を心を尽くして介護し、工場に腰を落ち着けず職場を離れた班員を探して遠い夜道も歩きました。こうして作業班は心を通わせ労わり合う家族のようになり、班員皆は5カ年計画を2年半も繰り上げて達成しました。

  • チョンリマ時代;チョンリマ運動が展開され、社会主義建設で飛躍が遂げられた時期(1950年代末―1960年代)

キル・ファクシル作業班は工場初の千里馬作業班になりました。その後キルさんは自ら進んで立ち遅れた作業班を引き受けて、助け合い導き合う睦まじく団結した集団につくり23歳で労働英雄の称号を受けました。

千里馬時代の人々はこのように個人の利益より集団の利益を重んじ、作業班と職場・他人(ひと)の為に自分を捧げる事に生き甲斐を感じました。一言で言って、私達は居ても私は居ませんでした。あれから長い歳月が経ちましたが、千里馬時代の息吹きと魂はそのまま引き継がれています。

img_vok210705b_06.jpg
img_vok210705b_07.jpg
img_vok210705b_08.jpg
img_vok210705b_09.jpg
img_vok210705b_10.jpg
img_vok210705b_11.jpg
img_vok210705b_12.jpg
img_vok210705b_13.jpg
img_vok210705b_14.jpg
img_vok210705b_15.jpg
 

チュチェ105年(2016)6月、敬愛する金正恩総書記が金正淑平壌製糸工場を訪れました。金正恩総書記は、「工場を千里馬大飛躍の先頭に立たせ、工場を訪れる度に『千里馬の工場らしい』と励ました偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の信頼と関心が深かった工場だけに、仕事振りが他とは違う」と言いました。そして、「工場の労働者が千里馬を駆る勢いで時代を縮めて走った前の世代のように、千里馬時代に次いで国中のモデルになるべきだ」と大いなる信頼を寄せました。その信頼の中、軽工業部門の中枢の工場に、国中のモデル工場になった金正淑平壌製糸工場です。

『千里馬時代の英雄のように』、国中の人民がこのように生きています。

個人より集団を先に思い喜びも悲しみも共にする共産主義の美徳は、朝鮮の社会の気高い倫理、ありふれた生活となっています。皆が同じ家族・兄弟のように苦楽を共にし、励まし合い、愛情込めて美しい生活を創造するのが国風となっています。

一人と皆、これは単なる数量を意味するのではありません。

皆が志を同じくし情を分かち合いながら、皆の幸福・皆の未来の為個人の全てを尽くす処に生き甲斐と幸せがあるのです。

「一人はみんなのために、みんなは一人のために!」

img_vok210705b_16.jpg
img_vok210705b_17.jpg
 

(今日の朝鮮)

2021.07.05 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 ここは「嬉しかったです」、「嬉しく思いました」の方がいいよ。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-06 (火) 18:30:26