大会で感謝する

チュチェ50(1961)年11月、朝鮮では初の全国母親大会が開かれました。偉大な金日成主席は大会に臨席して、「子供の教育における母親の任務」という歴史的な演説をしました。

主席は基調演説と発言をとても興味深く聞き、深い感動を覚えたとし、子供の教育と社会主義建設に一身を捧げている母親たちに朝鮮労働党中央委員会と共和国政府の名で感謝しました。会場は大きな感激に包まれました。

チュチェ34(1945)年8月、国の解放後、新しい国づくりに奮起し、1950年代の祖国解放戦争の時には国の運命を先に思い、夫と子女を人民軍に入隊させた朝鮮の女性たち、戦後、困苦欠乏に耐えて復興建設に励み、親のいない子供達を引き取って肉親の情で育てた勤勉で情にもろい朝鮮の母親たちが黙々と捧げた献身を主席はくまなく推し量ったのです。

続けて、主席は、息子、娘、嫁まで革命家に育てたマ・ドンヒさんの母親、戦災孤児を9人も引き取って育てるリ・ヨンスクさん、戦死した夫の分まで合わせて仕事に励み、子達も立派に育てたムン・ジョンスクさん、そして、キル・ファクシルさんとリ・シンジャさんなど美徳の主人公たちの名を一人一人挙げ、評価しました。

そして、子供のころ、母親から学んだことは一生、忘れられない、われわれがもっとも長い間、覚えているのは母親が言った言葉、母親が示す模範だと言い、母親たちが子の立派な師匠となり、教育者になることを大会の参加者に頼みました。

それ以来、60年近くの歳月が流れました。けれど、主席が感謝したチュチェ50(1961)年11月16日のことは、朝鮮の母親の心の中に大事にしまわれています。

意義深いその日が母の日に制定されました。主席の願いどおりに子女たちを立派に育てた朝鮮の母親たちが喜びのなか、幸福の中、この日を迎えています。

(フィーチャー)

ike201014052_001.jpg
ike201014052_002.jpg
ike201014052_003.jpg
ike201014052_004.jpg
2020年の記事

子供の教育における母親の任務(全国母親大会でおこなった演説)



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-14 (土) 18:16:18