3月1日人民蜂起を弾圧した日帝

20世紀初頭、朝鮮を占領した日帝は朝鮮人民の反日闘争を抹殺し、朝鮮をいつまでも占領しようと、1910年から1919年まで武断政治を実施しました。武断政治はそれこそ、中世さながらの恐怖政治でした。それは朝鮮総督だった寺内が「朝鮮人はわが法規に服従するか、死ぬか、その何れかを選ばねばならぬ」と公言したことだけを見ても良く分かります。

武断政治により、積もり積もった朝鮮人民の怒りは、ついに民族上げての反日蜂起で爆発しました。1919年3月1日、 ピョンヤンから始まった蜂起は、たちまちソウルを始め朝鮮全土を席巻しました。これに留まらず、当時の満州と上海、沿海州とハワイなど朝鮮人が住む海外にまで広がりました。慌てふためいた日帝は、中世さながらの暴圧的支配の実態が世に暴かれるのを恐れて、徒手空拳の蜂起の参加者を銃剣で容赦なく弾圧しました。

 
ike220212001_001.jpg

日本の総理大臣が「朝鮮総督」に送った電文

 

当時日本の総理大臣が「朝鮮総督」に送った電文には、朝鮮人民の3月1日人民蜂起について、対外的には表面上、極めて微々たる問題と見せかけ、内的には容赦なく弾圧することを指示した内容があります。日帝は、朝鮮駐留軍と警察部隊、さらには日本人居留民まで武装させて、蜂起の弾圧に駆り出し、それでも物足りず、日本本土の兵力まで引き入れて、大々的な弾圧に出ました。

日帝が極めて控え目に発表した資料によりましても、3月1日から10日までの間に逮捕された人は男子5万人以上、女子1000人以上、死亡者は男子1万人以上、女子300人以上、負傷者は男子5万人以上、女子1000人以上、死亡した子供は300人以上です。日帝は、「特別検挙班」なるものを組織して、デモの現場だけでなく、デモが起きた地域の村を襲撃して、愛国的人民を逮捕し、虐殺しました。

 
ike220212001_002.jpg

残酷に殺された朝鮮人民

 

日本のある御用学者は、日本人は見るに耐えないほど残酷な弾圧に出たとし、日本憲兵の残酷さは筆舌に尽くしがたく、年寄りと婦女、子供まで銃剣で刺し殺し、首を吊って殺したと言いました。当時の惨状を目の当たりにした一人の外国人は、あまりにも凶悪な、また残酷な行為で、人間の耳で聞いては信じられないほど、人間の意思では理解できないほどの人間対野獣の行為そのものだったと証言しました。

日帝の殺戮行為によって3月1日人民蜂起が始まって1年余りの間に、10万人以上の朝鮮人民が命を奪われました。これは日帝が数十年に渡る植民地支配期間、朝鮮民族に犯した罪の一部に過ぎません。

今も朝鮮人民の胸には、過去、日帝によって強いられた不幸と苦痛が癒されない傷として残っています。

(時事評論)

2022.02.28の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-01 (火) 19:02:40