断じて許せない殺戮行為

「日本人は見るに耐えないほど弾圧に躍起になった。・・・日本憲兵の暴悪さは言い表せないほどで、年寄りや婦人、子供まで銃剣で刺し殺し、首を絞め殺した」

これは朝鮮で起きた3月1日人民蜂起の惨状についての日本人御用学者の文の一部です。

1919年3月1日、日本帝国主義の野蛮な植民地支配の下で積もり積もった朝鮮人民の反日感情はついに民族上げての抗争として爆発しました。蜂起はたちまち国中に広がりました。死ぬことがあっても国なき民の境遇をそのまま受け入れられないといって、「朝鮮独立万歳!」を叫びながら奮起した朝鮮人民は民族の強い自主の精神と不屈の気概を世界に示しました。

搾取と抑圧のある所に反抗はつきもので、外部勢力の侵略に反対して立ち上がるのは被抑圧人民の当然の自主的権利です。しかし、日本帝国主義は朝鮮人民が自分の植民地支配に抵抗するといって、これを残酷に弾圧しました。

日帝は軍隊と警察部隊、果ては日本人居留民にまで銃を持たせて、蜂起の弾圧に駆り立て、これも物足りず、日本本土の兵力まで引き入れて大々的な殺戮戦を繰り広げました。蜂起参加者への日帝の弾圧は想像を絶するものでした。

中央階級的教育館カン・ユンヒさんのお話です。

「日本の殺人鬼はデモに参加した幼い女学生に野獣さながらによってたかって、旗を掲げた少女の右腕を刀で切り落とし、それでも少女が旗を左手に取り替えて前へ進むと、その左腕まで切り落とました。しまいには少女を滅多切りにして殺しました。あげくの果ては、朝鮮人には刀を使うのも惜しいといって、四肢を4頭の牛や馬に縛り付けて引き裂いたり、押し切りで首や手足を切り取って木の上に吊り下げました。日本帝国主義の野蛮な殺戮行為によって3月1日人民蜂起の際、およそ10万人の朝鮮人が命を落としました」

3月1日人民蜂起に対する日本帝国主義の弾圧は歴史にかつてないもので、日本帝国主義が朝鮮人に犯した罪の極一部に過ぎません。日本帝国主義は朝鮮占領の全期間、100万人余りの罪のない朝鮮人を野蛮に虐殺しました。庚申年大虐殺、関東大虐殺を始め、日本帝国主義による朝鮮人虐殺行為は枚挙に暇がありません。

歴史的事実がこうであるにも関わらず、日本の反動勢力は血生臭い過去の罪に対して今まで真面目に認め、謝罪し、賠償するどころか、過去清算の責任を逃れようと躍起です。

ピョンヤン鉄道総合大学の学生イム・ジンヒョクさんのお話です。

「20世紀、日本帝国主義が朝鮮を占領して働いた野蛮な虐殺行為は私たち大学生の胸を復讐の血で滾らせています。多大なる罪を犯しても誤ったことがないと厚顔無恥に振舞い、共和国押しつぶしに躍起になっている日本の反動勢力を私たち新しい世代の大学生は断じて許さず、罪な歴史を必ず総決算するでしょう」

(時事評論)

IKE180206006_001.jpg
IKE180206006_002.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-01 (木) 16:55:03