「韓日併合条約」の捏造

20世紀前半、朝鮮民族を奴隷にするための日帝の残虐な行為は手段と方法において人類史に類を見ないものでした。日帝が狡猾で悪辣な侵略者であることは「韓日併合条約」が捏造され、公表されるまでの歴史的過程を通してもはっきり知ることができます。

「乙巳5条約」、日本で言ういわゆる第2次日韓協約と「丁未7条約」、いわゆる第3次日韓協約の捏造で朝鮮封建国家の外交権と軍事統帥権、司法権を奪い取った日帝はこれに基づいて朝鮮占領を完全に合法化するために手を尽くしました。

1910年5月、日帝は朝鮮を「併合」するために悪名高い陸軍大臣寺内正毅を第3代朝鮮「統監」に任命しました。軍部出身を朝鮮「統監」に任命したのは軍事的脅威と恐喝で朝鮮を「併合」すると言うことを公然と宣言したも同じです。

中央階級的教育館クォン・ギョンオクさんのお話です。

「1910年7月、ソウルに足を踏み入れた寺内は憲兵を大々的に増強する一方、インチョンに軍艦まで引き入れて朝鮮各地に厳しい警戒網を敷き、『韓日併合』を最終的に締めくくることに取り掛かりました。8月22日、日帝はソウルに多くの侵略軍を集中させ、憲兵と警官で朝鮮王宮と朝鮮封建政府の主な部署を2重3重に包囲した後、『韓日併合条約』を捏造しました。そして朝鮮人民の抗議を恐れて1週間後の8月29日にやっと、『韓日併合条約』が締結されたと公布しました」

「韓日併合条約」は朝鮮皇帝の批准もない詐欺文書です。

国際法の要求にまったく反する不法極まりない「韓日併合条約」の捏造で、日帝は朝鮮を完全な植民地にし、数十年間も朝鮮民族に血みどろの植民地奴隷暮らしを強いました。「韓日併合」は文字通り、日帝が武力と強権を総発動して朝鮮人民に働いた特大の国権強奪行為で、国家テロの極みだと言えます。

にもかかわらず、日本の反動勢力は一世紀がたった今なお、「韓日併合条約」が「朝鮮人の選択であった」、「完全な手順を踏んだ」などと、条約でない「条約」に合法さを付与してみようとしています。しかし日本の反動勢力がいくら躍起になっても過去の犯罪の責任から逃れることができません。

日本の反動勢力は血生臭い過去の罪を有耶無耶にしようと手を尽くすのでなく、国際社会の要求通り、一日も早く真面目に反省、謝罪し、賠償しなければなりません。

(時事評論)

IKE170711009_001.jpg
IKE170711009_002.jpg
IKE170711009_003.jpg
IKE170711009_004.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-29 (火) 10:35:26