強盗さながらの朝鮮併呑

日帝は1905年に「乙巳5条約」、いわゆる第2次日韓協約を、1907年に「丁未7条約」、いわゆる第3次日韓協約を捏造して、朝鮮の外交権と内政権を強奪しました。

1910年8月には朝鮮民族を抹殺し、形だけ残っていた国家の実態としての朝鮮を永遠になくすため「韓日併合条約」を捏造しました。日帝は朝鮮を完全な植民地にするため、「対朝鮮基本方針」を作成し、1910年5月には悪名高い陸軍大臣の寺内を第3代朝鮮「統監」に任命しました。これは朝鮮を軍事的脅威と恐喝の方法で併呑するということを公然と宣言するも同じでした。

1910年8月、日帝はハンソン、今のソウルですが、このハンソン一帯と皇宮周辺に膨大な侵略武力を引き入れて殺伐とした軍事的暴圧網と恐怖ムードをつくる一方、スンジョン*1皇帝に「全権委任状」の批准を強要した後、8ヵ条からなる「韓日併合条約」を捏造しました。日帝はこの「条約」で朝鮮の統治権を永遠に日本王に渡し、朝鮮を日本に「併合」すると規定しました。

日帝の「条約」捏造行為について、朝鮮封建国の最後の皇帝だったスンジョンは臨終を控えて遺言を残し、「以前の『韓日併合』認准は強隣(これは日帝のことです)が逆臣の輩(リ・ワンヨンなどを指します)と組んで、勝手に作って勝手に宣言したもので、朕がしたものでない」、「『条約締結』当時、日帝は朕を幽閉し、脅迫した」と暴きました。

公認された国際条約締結の手順に従いますと、国家間の重要なことを決定する条約は、必ず国家元首の批准があってはじめて効力を発します。「併合」に関するスンジョン皇帝の「勅諭」には、行政的決済にしか使われない御璽の捺印だけがあり、皇帝の署名はありませんでした。反面、同じ日に公布された日本王の「詔勅」には国璽の捺印と並んで署名がありました。形と内容が相反するのは「韓日併合」が「スンジョン皇帝の承認を経て合法的になされた」という日本の主張が真っ赤な嘘で、「韓日併合条約」は国際法上、無効であることを如実に立証しています。

日帝は朝鮮人民の反日闘争を恐れて「条約」の捏造を隠しておいて、8月29日になってやっと公布しました。日帝の強盗さながらの朝鮮併呑と朝鮮民族の抹殺を狙った過酷な植民地ファッショ支配によって、朝鮮人民は数十年間、計り知れない不幸と苦痛、犠牲を強いられました。

日帝の敗北から77年の歳月が流れました。しかし、日本は朝鮮人民に犯した特大の反人倫の罪に対して真面目に謝罪し、賠償するどころか、過去の罪悪を美化し、再侵略の野望を抱いてアナクロの共和国敵視政策を追求し続けています。

これはまったく罪の上塗りで、朝鮮人民の反日感情を煽るだけです。

(世界と朝鮮―史実)

ike220714025_001.jpg
2022.08.28の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 純宗(순종)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-30 (火) 19:48:41