根本から見た朝鮮式社会主義

シン・ヨンイル:『根本から見た朝鮮式社会主義』というテーマでお話を交わそうと思いますが。では先ず根本というのはどういう意味かという事なんですが。

呉英淑(オ・ヨンスク):はい。字引を引いてみますと『物事を成り立たせる基盤となっている事柄』となっています*1

シン・ヨンイル:はい。

呉英淑:敬愛する金正恩総書記は朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会で、『集団主義に基づく高尚で文化的な生活様式と道徳的気風、これが朝鮮式社会主義の根本でその進歩と発展の強力な活力素』と強調しています。

シン・ヨンイル:進歩と発展の強力な活力素、ですね。

呉英淑:はい、そうです。ちなみに言いますと、この生活様式と道徳は社会を維持し発展させる上で極めて重要な役割りをしますね。

シン・ヨンイル:はい、そうですね。『立派な家風あってこその立派な家庭』という言葉がありますが、これと同じく社会の進歩と繁栄を遂げる為には全社会に健全な社会の気風が確立しなければなりませんね。

呉英淑:はい。朝鮮では人の痛みを自分の痛みと見做し、社会と集団の為に自分の全てを捧げる事が社会の気風・国風となっています。

シン・ヨンイル:はい。誰もが助け合い労わり合う美しい人間関係を結び情愛を分かち合いながら暮らすのが、他でもない集団主義に基づく朝鮮の社会主義社会です。

呉英淑:あぁ、1950年代末にですね…*2

シン・ヨンイル:はい、千里馬時代ですね。

呉英淑:はい、そう*3。その千里馬時代にですね、『1人は皆の為に、皆は1人の為に』というスローガンが出ましたが、このスローガンには社会主義の生命である集団主義の原則が込められていますね。

シン・ヨンイル:はい、そうですね。社会主義の完成はその主人である人間そのものの完成、人間が完成するには道徳的に完成するべき。

呉英淑:それはとても重要な位置を占めていると思います。

シン・ヨンイル:そうですね。

呉英淑:いくら経済力と軍事力が強いといっても道徳に欠ければ脆弱な国になる…。

シン・ヨンイル:はい。詰まる所、脆く崩れてしまう、これは決まっているんですよね。

呉英淑:はい、そうです。朝鮮では経済建設に先立って道徳建設に先ず力を入れています*4

シン・ヨンイル:はい。国家建設が目指す事・総体的目標の1つが、正に朝鮮を法律でなく道徳が守り道徳で発展する国につくる事です。

呉英淑:はい。朝鮮が理想とする強国・社会主義社会は、人皆が食衣住の心配を知らず…。

シン・ヨンイル:…そして無病息災で気楽に睦まじく暮らす社会、誰もが助け合い導き合いながら喜びも悲しみも分かち合う…。

呉英淑:…共産主義の美徳と美風が発揮される人民の社会なのですね。

シン・ヨンイル:はい、その通りです。『1人は皆の為に、皆は1人の為に生きる社会の気風が全社会を支配するようにして、朝鮮を美徳の国につくろう』というのが朝鮮労働党の揺るぎ無い意思です。

呉英淑:はい、そうです。

 
 

呉英淑:『根本から見た朝鮮式社会主義』について、対談でお送りしました。

(政策)

2022.01.24 サイト音声の聞き書き、小芝居
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 朝鮮語の辞書? 日本語の辞書?
*2 ここは「あ、今思い出したけど…」という感じで。
*3 ここは少し食い気味に。
*4 強盛大国や先軍政治、経済建設・軍事建設併進路線に比べて、お足がかからない。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-25 (火) 19:49:38