道徳は社会主義の基盤

道徳は社会を維持し発展させる上で重要な役割りをします。全社会に社会主義道徳の気風が漲り、人民皆が社会と集団に担っている道徳的義務を果たしています。

社会主義道徳は人間愛に基づいています。

たがいに信じ尊重し助け合う社会主義道徳は、正に人間の自主的要求に合致する気高い道徳です。革命の先輩を敬い恩師と目上の人を尊敬し、助け合い導き合う睦まじい生活倫理が支配する共和国では、親に亡くなられた子を受け持って育て体の不自由な傷痍軍人と一生を共にする等、美しい行いが次々と生まれています。生活上の困難があれば助け合い喜びも悲しみも分かち合う美徳行為が社会全体に漲るので、この地には温かい情が溢れ朝鮮の一心団結は更に強固になっています。

社会主義道徳は集団主義に基づいています。

朝鮮人民は『一人は皆の為に、皆は一人の為に』というスローガンの下、個人の利益より社会と集団の利益を重んじ社会と集団の為に自分を捧げるのを人間の美徳と見做しています。困難な所を志願する青年達、〓〓〓の労を厭わず数十年間同じ職場で真面目に働いている立派な人達、一生自分が働いていた困難な所に代を継いで子を立たせる愛国者達。皆が自分の労苦を思い図ってくれる人が居なくても国の繁栄に役立つなら、もうそれ以上望む事は無いという奇麗な心を持っています。このように人民皆が家事の上に国事を置き自分より集団の事を先に思って真面目に働いているので、朝鮮の社会主義は活気付いて前進しているのです。

朝鮮人の心に刻まれた社会主義道徳、これは朝鮮の社会主義の基板となっています。

(チュチェ思想)

2020.05.11 サイト音声の聞き書き、一部不明
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-12 (火) 16:44:46