天然記念物 成均館銀杏の木

ソンギュン館イチョウの木はケソン市*1のコリョ・ソンギュン館にあります。

ケソン市は918年から1392年まで存在したコリョ、高麗の都で、古跡の都市です。ここにソンギュン館*2と言うコリョ封建国家の最高教育機関があります。

天然記念物の2本のイチョウの木はこのソンギュン館の庭の東側と西側でそれぞれ育っています。

東側の木の高さは30メートル程、西側の木の高さは31メートル程です。東側の木の根元の周りが6メートル、西側の木の根元の周りは6.45メートルです。

東側の木は約2.8メートルのところで幹が2つに分かれ、横の方へ広がっています。しかし、西側の木はもっと高いところで2つに分かれているのでほぼ真っ直ぐに育っている感じです。

2本のイチョウの木は太い枝と多くの小枝で楕円形の形を成しています。西側の木の葉は東の木より、先に紅葉します。

ソンギュン館イチョウの木は朝鮮のイチョウの木のうち一番古い巨木です。今も青々と育っています。

この木は学術的意義が大きく、コリョ・ソンギュン館の風致作りに一役買っています。

ソンギュン館イチョウの木はチュチェ69(1980)年1月、天然記念物第386号に指定され、保護されています。

2014年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 開城市(개성시)
*2 成均館(ソンギュングァン、성균관)は高麗の末期と朝鮮時代の最高教育機関。以前の最高教育機関である国子監の名称を1298年に「成均監」、ついで1308年に「成均館」と変えたことで始まった。恭愍王の時に国子監の名称に復したが、1362年に再び成均館に戻った。正三品衙門。朝鮮時代には、成均館は、漢陽の崇教坊(現在のソウル特別市鍾路区明倫洞)と開城(高麗の首都)に存在した。文廟(孔子と碩学の祠堂)、明倫堂(講義室)、東西斎(寮)、尊経閣(図書館)で構成されたが、文禄・慶長の役の時に消失して再建された。1887年には経学院に改称するが、1894年に廃止される。また成均館大学校は成均館を前身としている。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-10 (月) 15:24:34