伝統医学の発展の実り

朝鮮で伝統医学のコリョ医学を発展させるための研究を深めています。金日成総合大学ピョンヤン医科大学の教員、研究者たちは国の医学の発展のための科学教育に全てを尽くしています。

その中には、コリョ医学部の研究者イム・チョルソンさんもいます。数年間の苦心の結果、古典医学書の閲覧プログラムである「東医宝鑑」の開発にこぎつけました。

「東医宝鑑」は、朝鮮の3大コリョ医学古典の1つで、16世紀までのコリョ医学の発展の成果を集大成した本です。本は、長い歳月を通して、朝鮮人の生活習慣と体質に適して創造し、発展させたコリョ医学の治療法と処方が紹介された貴い文化財として世界的にも広く知られています。

イムさんは、民族の貴い文化財を永久保存し、科学研究と臨床に活用できるプログラムを開発する高い目標を立てて、研究に打ち込みました。単なるプログラムの開発でなく、伝統医学の発展のための重要なことと見なして全身全霊を打ち込みました。

手っ取り早い方法を選ばず、思索にふけり、情熱の限りを尽くして、コリョ医学の発展に大いに役立つ完全無欠なプログラムを開発しました。「東医宝鑑」の閲覧プログラムが開発されて、コリョ医学の研究を科学的で速やかに行うことがさらに裏打ちされました。

そして、現代医学の発展のトレンドに即して、先進的な診断、治療法を積極的に取り入れ、西洋医学とコリョ医学を密接に結び付けて、人民の健康増進に寄与することができました。また、コリョ医学の治療原理と方法に対する研究と臨床治療でも巨歩の進歩を遂げる見通しがつきました。

イムさんのお話です。

「これからも『郷薬集成方』と『医方類聚』をはじめ民族の貴い医学古書をデータベース化して、民族の優位性を生かしたいと思います」

朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会で示された戦略的路線にのっとり、科学研究に知恵と情熱の限りを尽くしているイム・チョルソンさんです。

(今日の朝鮮)

IKE180406007_001.jpg
2018年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-10 (木) 20:11:31