一念に燃える

共和国各部門が80日間キャンペーンで沸き返る中、ピョンヤン建設機械工場でも生産で右肩上がりの実績が見えています。

主任技師のチェ・チョルさんのお話です。

「工場では住宅建設に必要なエレベーター数十台と特注設備の製作を80日間キャンペーンの目標に定めました。そのため先ず、資材の最大限の利用に力を入れています。また、イノベーションのプランを綿密に立てた上で科学技術普及室の運営と技術学習を定期的に行い、スキルアップを図っています。今、レールホルダーの開発をはじめプランの実行に励んでいますが、技術者、熟練工など従業員みなが鋭意努力しています」

試行錯誤を重ねるうちに、斬新なアイデアが次々と出ていますが、エレベーターの安全性を保障し、各種部品の国産化でコストダウンをはかりながらも美学上の要求を満たすことに役立っています。これはまた、省力と生産アップへと繋がっています。

工場では自力更生の精神と科学技術の力で困難を乗り切りながら生産実績を上げています。この調子なら工場の最高生産年度の水準を突破できると言います。

誇らしい成果で朝鮮労働党第8回大会を迎えよう、この一念に燃えるピョンヤン建設機械工場の従業員です。

(今日の朝鮮)

ike200904020_001.jpg
ike200904020_002.jpg
ike200904020_003.jpg
ike200904020_004.jpg
ike200904020_005.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-12 (木) 20:34:25