一家の感激

共和国北部のチャガン道*1にクボンという峰があります。人里はなれた山の中のここに若い時から道路を管理しているキム・ソンニョさん一家が住んでいます。数十年の間、道路を管理してきたキムさんは息子と娘、婿と嫁みなにも同じ仕事をさせました。キムさんが数十年の間、真心を尽くして道路を管理しているのは偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記への心からの敬慕の念からでした。

国の解放前、キムさんは両親の顔も知らずに育ちました。みなしごのその悲しみを癒してくれ、深い配慮を寄せたのは金日成主席でした。主席が建てた人民の国で思う存分学び、幸せな生活を営むようになったのです。キムさんの胸はありがたい主席への思いでいっぱいでした。

―もちろん、深い山奥とはいえ、主席のご恩に報いるためにできることはないかしら―

考え、また考えたキムさんは、一年中、現地指導を続ける主席の行き来する道路を真心を込めて管理することにしました。それで進んで道路管理係になりました。クボン峰の道路はキムさんが3番目に受け持った区間でした。前に受け持っていた区間の道路が改善されたので、今度は険しいクボン峰の道路へと移ったのです。

クボン峰に来たキムさんは子達に、この道路は金日成主席と金正日総書記が人民のための現地指導のために行き来する道だといいました。そして子みなを道路管理の仕事につかせました。このようにクボン峰の道路にはキムさん一家の真心が込められています。

いつでしたか、チャガン道の現地指導でクボン峰を越えていた金正日総書記が道路の手入れをしているキムさん一家を見て車を止めました。一家のみなは車から下りる総書記の所へ駆けつけていきました。一人一人の手をとった総書記は道路をきちんと管理しているということを聞いてとても喜びました。

総書記は自分のことより国のことを先に思うみなさんのような愛国者が大勢いるので、朝鮮労働党が強く、朝鮮民族が栄えるのです、皆さんの精神は実に美しくけなげなものです、と高く評価しました。そして、みなと一緒に記念写真を撮りました。その後もキムさん一家のことを忘れず、立派な家庭だといい、安否も尋ねました。

総書記はチュチェ100年、2011年10月、チャガン道の現地指導の多忙な中にも、またもや、クボン峰の道路を管理しているキムさん一家について思い起こし、このたび、きっとあってみようと思ったが、時間が許さないので立ち寄れないといい、同行した人たちに代わりに訪ねて言って無事かどうかも聞き、挨拶も伝えるように、と託しました。夢のようなことなのでキムさん一家は大きな感激に包まれました。

それは金正日総書記が生涯を閉じるまで熱く思いやった朝鮮人民の姿そのものでした。

2013年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 慈江道(자강도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-09 (木) 16:28:55