恩愛は移り変わる国土にも

今、朝鮮は国土管理に励んで、日増しに姿を一新しています。

朝鮮で国土管理が始まったのは、国の解放の翌年のチュチェ35(1946)年5月にさかのぼります。当時、偉大な金日成主席はポトン川改修工事の鍬入れをしました。

主席の意を継いで、偉大な金正日総書記は国土管理に深い関心を向けました。チュチェ57(1968)年8月、総書記は国土建設に力を入れることについての著作を発表して、国の姿をさらに一新するための方向と方途を明らかにしました。

その後、共和国で初めての全国国土管理部門活動家大会を開き、大会の参加者に歴史的な書簡も送りました。金正日総書記は、国土づくりと保護、管理のための一大旋風を巻き起こさなければならないとして、毎年の春と秋を国土管理キャンペーンの期間としました。

チュチェ89(2000)年8月のある日、総書記は北国のある峰で道路管理係の一家に会いました。家族の人皆が人跡まばらな深い山中の道路を数十年間も管理していました。

総書記は母のキム・ソンニョさんのひび割れた手を暖かく握って、本当に立派な家庭だと高く評価しました。そして、家族の人皆と共に記念写真も撮りました。その後も、総書記はその一家について度々振り返り、恩情の限りを尽くしました。

後日、総書記は国土管理は単に山に木を植え、河川を治め、土地と人民の生命、財産を守ることだけに意義があるのではない、国の山と川を名実共に社会主義朝鮮の山と川らしく、その姿を一新するための極めて重要なことだ、と言いました。

今も、朝鮮人民は国土管理に尽くした不世出の偉人の気高い意に沿って、国土管理に全力を傾けています。

(偉人伝)

IKE180706003_001.jpg
IKE180706003_002.jpg
IKE180706003_003.jpg
IKE180706003_004.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-10 (金) 13:14:57