主体思想の創始

1920年代の中ごろ、革命を始めた偉大な金日成主席は日本帝国主義の植民地支配の下で苦しんでいた当時の朝鮮の実態を深く分析し、それに基づいて革命の二つの真理を見出しました。

チュチェ19年、1930年夏、金日成主席は中国東北地方の卡倫(カリン)と言うところで歴史的な会議を開き、チュチェの真理を明らかにしました。それはまず、革命の主人は人民大衆であり、人民大衆を組織し動員するとき、革命に勝利するということでした。そして、朝鮮革命の主人は朝鮮人民であり、朝鮮革命はどこまでも朝鮮人民自身の力で、朝鮮の実情に合わせて推し進めなければならないということでした。

チュチェ思想の創始は朝鮮革命における一つの歴史的出来事でした。チュチェ思想を創始した主席は革命闘争の全過程にそれを立派に具現し、チュチェ思想をさらに豊かに発展させました。こうして朝鮮人民は国と革命を台無しにした大国追従とドグマの影響から抜け出て自力で民族の前途を切り開く自主的な人民になりました。

自分の運命の主人は自分自身であり、自分の運命を切り開く力も自分自身にあるということを明らかにしたチュチェ思想は国なき民の悲しみにくれていた朝鮮人民を民族的、階級的解放のための闘いへと奮起させました。そして、創造と建設においても不可能を知らない奇跡の創造者、時代の英雄に育てました。

主席はチュチェ思想の旗の下、抗日武装闘争を勝利へと導いて国の解放の歴史的偉業を達成しました。また、解放後の新社会作りのときもチュチェ思想を具現して人民の要求と国の実情に合う民主諸改革を短い間に成功させました。

さらに、アメリカの侵略を退ける朝鮮人民の祖国解放戦争のとき、朝鮮の実情に合う主体的な戦略と戦術を編み出し、人民軍軍人と人民の集団的英雄精神と比類のない犠牲精神を強く発揮させて戦争を勝利へと導きました。

主席はチュチェ思想の要求どおり思想においてチュチェ、政治において自主、経済において自立、国防において自衛の原則を具現し、共和国を自主、自立、自衛の社会主義強国に作りました。チュチェ思想は偉大な金正日総書記によりさらに豊かに発展し、自主の時代の偉大な指導思想としていっそう光を放っています。

チュチェ思想を創始して自主の時代の新しい歴史を開き、自主性を求める人民大衆の革命闘争を新たな高い段階へと引き上げた金日成主席の不滅の功績は世代をついで永遠に輝くでしょう。

2013年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-05 (水) 21:10:54