ようこそ、美林航空クラブへ

近年、共和国の観光業が新たな発展を迎えています。多様なテーマの観光が増えている中、先日、ミリム航空クラブがオープンし、超軽量飛行機による観光飛行のサービスを始めました。すでに、共和国では2012年、旅客機、軽飛行機などによる飛行機ファンの観光が開発されました。

この度、ミリム航空クラブがオープンして、超軽量飛行機による観光飛行が始まりました。この航空クラブには、国産の観光用超軽量飛行機が数十機あります。また、滑走路、誘導路、停留場、商店、屋外観覧台、そして、オフィスなどの建物があります。

観光飛行は初春から晩秋まで行われますが、固定航路による観光飛行とオーダー観光飛行があります。また、観光客が飛行講習を受け、直接操縦して空を飛ぶこともできます。この場合は、パイロットが同乗して操縦してあげ、安全の徹底が図られます。

航空クラブはオープンして間もないですが、多くの観光客が訪れています。では、超軽量飛行機に乗ってピョンヤンの美しい景観を楽しんだ観光客にお話を伺ってみましょう。

「観光服を着る時から一つ一つ見てくれ、飛行機ではシートベルトの着用もチェックしてくれます。空に上がっては、パイロットさんが面白い話もしてくれ、コンディションも調えてくれるので、いつどのようにコースを回って降りたか分からないくらいです」

「安全性と快適さ抜群で、安心できます。また乗りたく、もっと高く飛びたい気持ちです」

「ピョンヤンが一目に収まり、本当に楽しいでした」

「初めは娘さんたちが操縦すると言われて、とても緊張していました。ところが、乗ってみますと、飛行機に乗ったというよりも、鳥になって空を飛ぶような気持ちでした」

「旅客機は窓から外を見ますと、雲しか見えませんが、この飛行機は前後、両側の視界が開けて、ピョンヤンが一望の下に眺められますが、時間が許すなら一日中乗りたいです」

青空に最上の文明を繰り広げるピョンヤンの景観を眺めるのも何よりの楽しみです。

リスナーの皆さん、ミリム航空クラブへようこそ。クラブは常に喜びと楽観に満ちた航路にお客たちをご案内するでしょう。

IKE160810025_12.jpg
IKE160810025_22.jpg
IKE160810025_32.jpg
IKE160810025_42.jpg
IKE160810025_52.jpg
2016年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 17:05:43