黄金の海の新しい歴史

朝鮮の海に船の汽笛が高らかに響いています。かもめ飛び交う茫々とした大海で船蔵いっぱい魚を取る漁労工の喜びもさることながら魚が山をなす揚陸場の光景また見ものです。加工場にも、冷凍貯蔵室と塩漬けの場にも魚が溢れています。目を見張るようなこの風景はおのずともたらされたのでありません。

ではそれについて水産省リ・チャンハク副局長のお話を聞いて見ましょう。

「驚くほどのこの大漁は敬愛する金正恩元帥の人民愛がもたらしたものです。チュチェ101(2012)年の夏、前線東部の人民軍部隊の視察の際、金正恩元帥は軍人に魚を切らさず食べさせているのかと聞きました。答えを聞いた元帥は、母親たちは大事に育てたわが子を最高司令官を信じて人民軍に送った、兵士たちに魚を充分食べさせなくては、と言いました。この日、視察から帰ってきた元帥は一日も早く現代的な漁船を造るための措置を講じました」

当時、朝鮮はアメリカと南朝鮮傀儡集団の軍事演習のため一触即発の厳しい情勢下にありました。厳しい時に魚のことを考えるとは……みなは驚きました。いつ戦争が起きるとも限らない鋭い時に戦闘艦船や砲弾でなく、漁船と漁具が造られる例のない風景が広がりました。

チュチェ102(2013)年5月のある日、8月25日水産事業所を訪れた金正恩元帥は、漁船一隻当たり1000トンが目当てです、計画を達成すると最高司令官に手紙をよこしなさい、朗報を待っていますと言いました。漁労工たちは奮い立ちました。昼夜兼行で奮闘し、数十年ぶりの大漁をもたらしました。

課題を実行したとの漁労工たちの手紙を受けた金正恩元帥はとても喜びました。元帥は水産事業所の従業員に挨拶を送り、来年も豊かな秋のような大漁をもたらすものと信じるという直筆の返書を送りました。そして、12月の寒さもいとわず水産事業所を訪れてその労をねぎらい、励ましました。そればかりか、漁労工みなをピョンヤンに招き、記念写真や国家叙勲など栄光の絶頂に立たせました。

黄金の海の新しい歴史を開く金正恩元帥の指導はチュチェ103(2014)年も続きました。年初めから水産部門を現地指導し、魚とりで大きな成果を上げるよう漁労工を励ましました。元帥の正しい導きにより、国中に水産の熱風が巻き起こりました。朝鮮東海と西海は魚とりで沸きかえりました。

金正恩元帥はチュチェ103(2014)年11月、大漁の成果を挙げている第18号水産事業所を訪れました。揚陸場や加工場、冷凍貯蔵室と塩漬けのタンクに溢れる魚を見た元帥は、本当に気分がよい、私もこんなに嬉しいのにわが子を祖国防衛に立たせた親たちはどんなに喜ぶだろう、この甲斐あって革命を行うものだと熱く言いました。

まさに金正恩元帥は世紀の大変革をもたらす創造と建設の英才です。

2015年の記事
 

三面が海に面している朝鮮では、水産業の発展に力を入れて人民の食生活を潤しています。敬愛する金正恩総書記は人民軍の水産事業所が水産部門を盛り立てる上でリード役を果たすようにしました。

総書記は2013年、8月25日水産事業所を二度も訪れて、漁獲で全国の先頭に立つよう措置を取り、自信を持たせました。翌年も人民軍の水産事業所を何度も訪れ、先進的な漁労方法を広く取り入れて漁獲量を増やすこと、年中、漁労作業を行うことなど、水産業を発展させるための課題と方法を示しました。

漁労作業で、近代的な漁船と漁具の供給の重要性を推し量った総書記は、人民軍の水産事業所に近代的な漁船を送り、直々現場に出て漁船の名も付けてあげました。総書記は漁具総合工場の建設を発案して、その課題も人民軍に与えました。

漁具総合工場が完工した時には現地に赴いて、水産部門のどこでも切実に求められる網とロープ、養殖用の施設など、色々な漁具をたくさん生産して供給しなければならないと強調しました。そして、朝鮮人民軍水産部門アクチブ会議を開催して、「黄金の海」愛国主義の優勝カップと「黄金の海」愛国主義の賞状を制定し、模範的な水産事業所に授けるようにしました。

これは人民軍の水産部門での漁労作業を促す契機となりました。それ以来、人民軍の水産部門では2014年からこれまでになかった大漁をもたらし、その成果は国中の水産事業所に一般化されました。

朝鮮の海は人民の食卓を潤す宝のような海、黄金の海に変わっています。

(今日の朝鮮)

ike220213011_001.jpg
ike220213011_002.jpg
ike220213011_003.jpg
ike220213011_004.jpg
ike220213011_005.jpg
2022.03.21の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-22 (火) 20:12:27