高い医術の持ち主

朝鮮では伝統医学のコリョ医学と現代医学を組み合わせて医療ケアの質を高めています。ピョンヤン市コリョ病院の医師パク・ソンシルさんもその中の一人です。

同じ病院の医師ホ・ヨンアさんはこう語ります。

「パク・ソンシルさんと一緒に働いて長くありませんが、痛みを訴える患者の病状に合う治療法で患者を完治させる度に学ぶこと、多々ありますね」

パクさんはコリョ医学の方法で多くの患者を治療しました。1990年代、当時のピョンヤン医科大学を卒業したパクさんは診療所のコリョ科の医師になりました。パクさんは患者の体質にあう治療法を一つ一つ覚え、医術を高めるため地道に努力しました。

その過程に天然のコリョ薬物による治療法を取り入れ、針を打つ時と方法、針の深さまで感覚で分かる高い医術を身に付けました。パクさんは今、椎間板ヘルニアなど腰の病気やその他の難病だけでなく、陽性腫瘍の治療でも成果を収めています。この前にも、脊髄腫瘍で治療が不可能とされていた若い女性を真心と高い医術で一年ぶりに完治させ、大地を闊歩できるようにしました。

パク・ソンシルさんはこう語ります。

「今、朝鮮労働党は自強力第一主義を高く掲げることを呼びかけていますね。私たち医師にとって自強力は、コリョ医学の治療法を臨床に大いに取り入れ、国内の原料と技術で作ったコリョ薬物で治療の効率を高めることだと思います。それで、微力ながらも治療に役立たせようと努力しただけです。これからも人民の健康を責任持つ医師としての責任と役割を全うするつもりです」

進取の気性に富んだこうした頑張りやの医師がいて国の医学技術は日増しに発展するでしょう。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 12:58:44