養殖の主人

ハムギョン北道*1にあるラソン種苗事業所で、人民の食生活の向上のため養殖に力を入れています。事業所では稚魚の生産計画を具体的に立て、魚類の特性に合う養殖を行っています。

事業所の責任者、支配人のファン・ソンチョルさんのお話です。

「事業所ではニジマスやチョウザメ、皮鯉、太平洋ニシン、コノシロなど19種の魚を養殖しています」

過去、事業所では水不足のため数種の魚しか養殖できませんでした。事業所の従業員は科学的な養殖のためには水が要だと認め、その実行に努めました。技術者と従業員の献身的な努力によって、魚の生育のための冷温水システムが構築され、魚の種類も増えました。

事業所では、実情に合う進んだ養殖方法を極力取り入れて稚魚の生産を増やしています。

科学的な養殖でもっと多くの魚を育てようとの従業員の努力は魚の増産につながり、人民の食卓をさらに賑わすことでしょう。

(今日の朝鮮)

ike201005019_001.jpg
ike201005019_002.jpg
ike201005019_003.jpg
2020年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 咸鏡北道(함경북도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-08 (日) 20:14:20