飛躍を起こしている工場

10月10日の朝鮮労働党創立70周年に当たる日を生産の高い実績で迎えるため朝鮮人民みなが奮闘しています。その中にはキムジョンテ電気機関車連合企業所*1の人たちもいます。

支配人、つまり責任者のオ・ヨンジェさんのお話です。

「企業では日増しに増える鉄道輸送と交通運輸手段への需要を満たすために電気機関車と客車の生産を高い水準で正常化しています。当座は地下鉄用電動車の開発と生産に励んでいます。地下鉄用の電動車は何より社会主義文明国に相応しく、また人民の便益を最大限計るのを基本としています」

生産の初の工程である鋳物職場の労働者たちは電力消費の基準を下げ、鋳物の表面精度と数値の精密度を高い水準で保障して1000近くの鋳物を10日間に生産しました。

鍛造職場では設備をきちんと管理し、技術のレベルアップを図ってプレスと空気ハンマーを始め、すべての機械をフル稼動させ、機械の運転をスタンダードでして鍛造品の質を高めています。

第1、第2、第3加工職場では素材と工具をまず供給し、交代当たりの労働力と設備の手配を綿密に行って毎日の生産計画を上回って達成しています。これと共に製品加工の前にそれを担当する労働者が製品の技術的指標を熟知するよう技術の指導を行って加工品の精密度を最上のレベルで維持しています。

板金職場の労働者も高い生産の実績を記録しています。職場の人たちは昼夜を分かたず作業を続けて10日めに地下鉄用電動車の車体製作を終えました。仕切りや出入り口など内部作業の時も設計通りに偏差がないよう溶接をし、作業のスピードを高めています。

チュチェ104(2015)年7月19日、工場を訪れた敬愛する金正恩元帥は英雄的な労働者階級にたくましく育った企業の労働者たちがこれまであらゆる困難を勇敢に乗り越えて電気機関車、客車などの車両を自力で生産して朝鮮革命を推し進めるのに大いに寄与して来たと述べました。

元帥の深い信頼を胸に奮い立ったキムジョンテ電気機関車連合企業所の労働者たちの愛国の熱意によって新しい地下鉄用の電動車は多量生産されるでしょう。

2015年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 キム・ジョンテ電気機関車連合企業所、金鍾泰電気機関車連合企業所(김종태전기기관차련합기업소)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 20:34:08