託児所に溢れる子供達の笑い声

恵まれた大地で命を授かり、なにも羨むことなくすくすく育っている朝鮮の子供たち。その幸せそうな姿を工場付属の託児所で覗いて見ましょう。

ここはピョンヤン基礎食品工場、味噌と醤油を専門に生産する工場ですが、その工場付属の託児所です。朝鮮では子供たちが国の王様と呼ばれ、一番よい場所には託児所や幼稚園が建てられています。ご紹介の託児所も敬愛する金正恩元帥の配慮が宿るところです。

ある日、金正恩元帥はこの工場を現地指導しました。元帥は生産現場に行く前にまず、工場付属の託児所に寄りました。屋外に設けられた遊び場で遊んでいた子供たちは我先にと走って来て明るく微笑んでいる元帥に抱きつきました。頭を撫で、手を取ってくれる元帥に抱かれて嬉しさいっぱいの子供たち。

その日のことを託児所の責任者のリ・グムスンさんはつぎのように語ります。

「金正恩元帥は2013年6月7日、何の前触れもなく託児所に来ました。あまりにも突然のことでしたので私を始め保育員たちは挨拶の言葉もろくに言えませんでした。この日、元帥は教育室と各遊び場、乳児専用の部屋、食堂と厨房にいたるまで託児所の各所をくまなく見ました」

金正恩元帥は託児所の隅々まで見て、暖房はどのように保障し、子供たちの知能教育用の玩具や遊戯施設はどの工場で作ったものなのか、子供たちの栄養管理はどのようにしており、一日の日課はどう組まれているのか一つ一つ聞きました。そして、保育員たちが子供の保育と教育で収めた成果を評価し、子供の保育と教育は保育員の努力次第だと言いました。

子供の保育と教育について具体的に質問し、細かいことまで教えるので保育員のみなは深く感動しました。この日、元帥は託児所の教育は学校教育に勝るとも劣らない重要なものなので、子供たちの健康管理と保育、教育に深い関心を向け、子供たちを立派に育てるべきだと言いました。

その熱い思いやりによって、この託児所にはいつも子供たちの笑い声が満ち溢れています。それはそのまま朝鮮の明るい未来を見せるものなのです。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-04 (火) 20:52:38