茸生産の工業化・科学化を進める

今、人間の食生活に茸が広く利用され、その研究に関心が集められています。共和国では国家科学院中央茸研究所が総合的な研究センターに作られ、茸生産の工業化、科学化が高いレベルで実現しています。

延べ建築面積数千平方メートルの研究所に、研究室と実験室、電子図書館、製品保管室、栽培場など必要なもの全てが揃っています。茸の研究でメインだと言える無塵化、無菌化が見事に実現しました。研究室と実験室が分離し、実験室にはいつも澄んだ空気が流れ込んでいます。そして、接種室と培養室には空気を消毒し、浄化する設備が特別設置されています。

また研究にモダンな実験器具と設備が利用されていますが、これは、生産性の高い新種の茸の大量育種を裏付けています。膨大なデータが納まっている電子図書室で研究員は、世界的な茸栽培の資料を閲覧し、先端技術を学び、新しいアイディアを見出しています。

研究所ではまた、茸の種菌を量産して国中に送っています。そればかりか、国中の栽培者が講義を受け、各種資料も受けられるシステムも構築されています。

研究所には四季にかかわりなく、研究が出来る茸栽培試験場もあります。ここには栽培温度の特性に合わせて低音、中温、高温の栽培場があり、茸の生育に必要な環境が自動的にコントロールされています。

今年10月、敬愛する金正恩元帥が新築された国家科学院中央茸研究所を訪れました。元帥はとても喜び、偉大な金日成主席と金正日総書記の遺訓通り、共和国を茸の国に作る上で研究所の任務と役割がとても重要だと教えました。

研究所の科学者、技術者は明確な目標を立てています。

新技術普及所のユン・ビョンサン所長のお話です。

「私たちは食用と薬用の茸の栽培技術を研究し、地域的特性に合わせて栽培する問題など茸生産の工業化、化学化を実現するための技術問題を充分解決していきます。また、国中に技術を広めて茸生産を増やしていきます。それで、人民の生活に実質的に役立てたいです」

2013年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-15 (水) 18:39:28