自主で尊厳ある国

ike200813020_001.jpg

チュチェ37(1948)年9月9日、朝鮮民主主義人民共和国の創建が世界に宣言されました。これは5千年の歴史上初めての真の自主独立国建設のルーツとなる特筆すべきできごとで、強国建設のスタートを告げる厳かな宣言でした。

自主、自立、自衛の国

共和国は創建後、新たな歴史的進軍の途につきました。人民の自由と幸福のために、富み栄える自主独立国の建設のために、世界舞台で国威を発揚する国づくりのために。偉大な金日成主席の導きの下、朝鮮人民は1950年代初頭の帝国主義勢力の侵略を退ける3年間の戦争に勝利し、国の自由と独立を守り抜きました。

ike200813020_002.jpg
ike200813020_003.jpg
ike200813020_004.jpg
 

また、自力更生、刻苦奮闘して戦後の復興建設をわずか数年間で終え、「チョンリマの速度」で社会主義工業化の歴史的課題を14年という短期間に達成しました。戦後の復興建設と社会主義建設の時、共和国は他の国々はセフ*1の傘下に入ってお陰を被ろうとしましたが、自らの力で自立経済を築き上げました。そればかりか、国を守り、民族の繁栄を裏打ちするため自衛の国防力を著しく強めました。共和国は自主、自立、自衛の社会主義国となりました。

ike200813020_005.jpg
ike200813020_006.jpg
ike200813020_007.jpg
 

先軍の旗を掲げて

1990年代初頭、東欧諸国での社会主義の崩壊を機に、帝国主義者は「社会主義の終焉」を喧伝し、変わることなく社会主義の旗を掲げて進む共和国を押しつぶすのに躍起になりました。社会主義を守りぬくのか、さもなければ、帝国主義者の前に跪いて奴隷になるのか。こうした時、偉大な金正日総書記は先軍政治を行いました。

ミャンマーの医学研究所所長は今年2月の総書記の誕生日の光明星節に際して発表した談話で、金正日総書記の一番の業績は、例を見ない厳しい試練の時、先軍の旗を高く掲げて国の自主権と民族の運命を守り抜き、朝鮮半島と世界の平和と安全をしっかり保証したことだと言いました。先軍の力で共和国は1990年代の困難と試練を乗り切り、正義と尊厳、勝利と栄光のシンボルとして脚光を浴びました。

ike200813020_008.jpg
ike200813020_009.jpg
 

寸分の狂いもなく

今、共和国は敬愛する最高指導者金正恩委員長の導きの下、寸分の狂いもなく自主の道を進んでいます。国際社会は、共和国を自主的立場の強い強国、厳しい環境の中でも奇跡とも言える勝利を収める国だと称えています。

アジア地域チュチェ思想研究所のハリシ・グプタ理事長*2は、2018年9月、ピョンヤンで開かれた「チュチェ思想と朝鮮民主主義人民共和国の70年」に関する国際討論会でこう語りました。

「金正恩委員長が導く朝鮮民主主義人民共和国は自主の原則を徹底させて繁栄をなして行く自主の強国の名を馳せています。自主は国と民族の生命で、強国の主な表徴です。今、朝鮮民主主義人民共和国は政治、経済、軍事、文化、対外関係の全ての分野でチュチェの原則、自主の立場を徹底させ、大国追従と教条主義、他力本願に徹底的に反対し、帝国主義反動勢力と外部勢力の干渉と圧力を断固排撃し、従来の理論や公式にかかわらず、誰がなんと言おうと、すべてを自分の要求と利益に即して自分で決心し、堂々と実行しています」

今年6月、「中国国際経済テレビ」新聞網に次のような記事が載りました。金正恩委員長はこの4年間、世人を驚かせる奇跡とも言える勝利をもたらし、抜きん出た英知と政治力、高邁な偉人の品格を世界に見せた。金正恩委員長は厳しい中にも、革命への限りない忠誠と鋼鉄の信念、強い実践力で朝鮮の国力と地位を最上の境地に至らしめた。金正恩委員長がいて、朝鮮の未来はさらなる勝利と栄光で輝くだろう。

その通りです。

金正恩委員長に導かれ、朝鮮民主主義人民共和国はこれからも自主の道を進み、自主でさらに富み栄えるでしょう。

ike200813020_010.jpg
ike200813020_011.jpg
ike200813020_012.jpg

(世界と朝鮮)

2020年の記事
 

ハリシ・グプタ金正恩委員長は偉大な平和の守り手金正恩委員長は現代の最も優れた指導者である朝鮮の社会主義は不抜のもの朝鮮の統一は必ず実現する金属の酒を入れる瓶と杯銀の器(アジア地域チュチェ思想研究所)
社会主義の終焉革命的な党建設に成した不滅の業績革命的党建設の指針自主の国、人民の国「赤い旗を高く掲げて」社会主義が科学であることを論証する社会主義偉業の勝利のために不抜の軍事力、社会主義の守護

 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 経済相互援助会議:セフ(SEV : Sovet Ekonomicheskoi Vzaimopomoshchi)、コメコン(CMEA : Council for Mutual Economic Assistance)
*2 ハリシ・グプタ、ハリシュ・グプタ チュチェ思想国際研究所副理事長、アジア地域チュチェ思想研究所理事長

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-09 (水) 18:28:26