職場を大事にする

労働が一番神聖なもの、甲斐ある創造の歌となっている朝鮮の社会主義制度の下で自分の職場、自分の職業への誇りと愛着は誰にも大事なものとなっています。クロフネつつじという意味の「チョルチュク*1」ブランドの靴下で広く知られたピョンヤン靴下工場で働いている労働者のパク・ヒョンヒさんも自分の職業に愛着を抱いている人の1人です。

8年前のチュチェ99(2010)年、パクさんは中学校を卒業してピョンヤン靴下工場に入りました。クリーンな環境のしょうしゃな建物と生産現場に並んでいる現代的な設備、フル稼働する設備の間を行き来する労働者たち。パクさんにはこの工場がとても気に入りました。また自分がはいている「チョルチュク」ブランドの靴下を自分で造るという思いで心は弾みました。

その年の12月、偉大な金正日総書記が工場を訪れました。総書記は生産者は人民への献身的奉仕の精神を持って、靴下の生産に知恵と真心を捧げなければならない、と言いました。その日の総書記の教えを胸に刻みつけ、パクさんは熟練工から熱心に仕事を習いました。パクさんは総書記に2度と会えないとは夢にも思いませんでした。

チュチェ101(2012)年、工場では人民に良質の靴下をもっと多く送るために心を使った総書記の遺訓通りに、紳士用靴下職場が竣工し、パクさんはここで働くことになりました。パクさんはチュチェ102(2013)年の年間人民経済計画を5ポイント上回って達成した31人の青年の中に入りました。

チュチェ103(2014)年8月、工場を訪れた敬愛する最高指導者金正恩元帥にパクさんは自分の仕事振りを見ていただきました。その日の栄光を胸に、パクさんはさらに頑張りました。年間計画を達成することだけで満足できませんでした。

チュチェ105(2016)年、2年分の人民経済計画を達成したパクさんは、チュチェ106(2017)年、4年分の人民経済計画を達成する高い目標を立てました。パクさんはもっと多くの設備を扱いながらも設備をフル稼働させて、毎日の計画を上回って達成しました。またその日その日の作業課題の達成に必要な段取りを優先させて、能率をさらに高めました。

昨年8月、「朝鮮の声」ホームページでピョンヤン靴下工場の模範的な青年たちを紹介したことがありますが、当時、ナンバーワンに選ばれたのがパク・ヒョンヒさんです。すでに4年分の人民経済計画の達成者として昨年を誇り高く総括しました。

多くの機械を扱うことで名の知れたパクさんは、今年も上半期の人民経済計画を2月まで達成しており、年間人民経済計画の達成も残りわずかとなりました。その秘訣について聞く人たちにパクさんは、金正日総書記が訪れた職場、金正恩元帥が訪れた職場に勤めると言う誇りを持って働いている、両親と兄弟、人民が使う靴下を作るという誇りを持って働いていると答えています。

自分の職業を大事にする熱い思い、それがそのまま創造の情熱を生み、飛躍をもたらしているのです。

(今日の朝鮮)

IKE180312021_001.jpg
IKE180312021_002.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 철쭉、クロフネツツジ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-22 (日) 18:39:11