総合的な基礎食品工場

ピョンヤンのソンギョ区域*1ピョンヤン基礎食品工場があります。工場には市民の食生活のため労苦の限りを尽くした偉大な金日成主席と金正日総書記の現地指導の足跡が刻まれています。

共和国では味噌、醤油のことを基礎食品と呼んでいます。人々の食卓に無くてはならない食品と言うことです。敬愛する金正恩元帥も、チュチェ102(2013)年6月、改築された工場を訪れて、良質の基礎食品を量産して人民に送ることを教えました。

工場では、味噌、醤油、食用油などを生産しています。工場の敷地面積は10万2000平方メートルで延べ建築面積が6万3900平方メートルです。構内には1万平方メートルに芝生と花壇が作られ、数千本のケヤキ、シラカバの木が生い茂って食品工場の環境も充実しています。

全工程の技術装備も高レベルのものです。化学調味料、醤油、味噌、食用油、ビタミンE、レシチンなどの生産工程も立派に作られました。また、オートメ化、無人化を実現し、製品の質と衛生安全性をしっかり保証しています。生産と経営活動がコンピュータによって行われ、原料の投入から包装に至るまで全工程が先端技術でコントロールされています。

工場では先端技術の普及にも力が入れられています。電子図書室と科学技術図書室があり、工場の従業員がキムチェク工業総合大学の講義を受けるオンライン講義室もあります。

厚生施設も充実していますが、浴場と美容室、理髪室、音楽鑑賞室、また、プールもあって仕事を終えた労働者たちがゆっくり疲れを取っています。かすかに聞こえる設備の音さえなければ公園や療養所と言った感じです。

誰もがこの工場を見て、立派な工場だと異口同音に称えています。

2014年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 船橋区域(선교구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-04 (火) 00:37:02