競争力を持つ製品の開発を目指して

競争力を持つ製品はその企業の顔だといえます。朝鮮ではどの企業も競争力を持つ製品、ブランド商品の開発に積極的に取り組んでいます。

ピョンヤン医科大学病院のチャンミョン先端医療品開発交流所でも、競争力を持つ医療品の開発に力を入れて、人民の健康増進に役立っています。その秘訣は明白な開発の目標を立てて、粘り強く実践しているところにあります。

交流所のチェ・グァンヒョク所長のお話です。

「今、交流所では一定の原則に基づいて業務に励んでいます。薬品の開発では系統化の原則を堅持し、医療機器の開発では多機能化を目指して開発を進めています」

ここの交流所はさほど大きくありませんが、ここで作った生物カルシウム栄養剤や安宮牛黄の注射薬は関節と脳血管系統の患者の中で治療効果の高いことで広く知られています。薬品が開発された時、その人気は大変なものでした。交流所ではそれに満足せず、医薬品の薬理作用を高めるための研究に引き続き力を入れました。

その過程に人体の骨の構成に似ている哺乳動物の固い骨を特殊加工する先端技術が開発され、タンジンとシラネセンキュウなどの植物から有効成分を高い純度で分離し、その配合比率を最適化する技術が新しく確立されました。この技術を受け入れた結果、医薬品の薬理作用は最初に比べて著しく改善され、今も人々の好評を博しています。

交流所では朝鮮人の体質と食生活の習慣、人体の生理的特性とその相互作用についての研究を深め、新しい医薬品を国内に豊かな原料で開発するための合理的な方法を研究しました。その結果、結膜炎の治療に特効のある目薬をはじめ、疾病発生の原因を除去し、治療過程に現れる合併症の発生をあらかじめ防止し、完治できる色々な医薬品が相次いで開発されました。

それだけでなく、保健医療の世界の流れを深く研究し、実用性のある医療機器を開発するための研究にも力を入れて、数十の検査機能を持つ多機能化された心臓血管の検査機器も新しく製作しました。

今、ピョンヤン医科大学病院のチャンミョン先端医療品開発交流所の医療品は朝鮮人民の間に広く知られています。

(今日の朝鮮)

ike191109002_001.jpg
2019年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-19 (木) 14:55:43