科学技術殿堂

科学技術殿堂*1はピョンヤンの都心を流れるテドン川*2のスク島*3にあります。チュチェ105(2016)年1月1日に竣工しました。省エネ型のエコ建築である科学技術殿堂は全人民の学びの大殿堂であり、多機能化した科学技術普及の拠点です。

4階建ての建築の外形は科学の世界を象徴する巨大な原子構造の模様で、とてもユニークなつくりです。各階に電子閲覧室と部門別室内科学技術展示場が配置されています。そして、新刊書の閲覧ホール、障害者向けの閲覧室、遠隔講義室、学術討論会室などがあります。

科学技術殿堂を中心に普及専用の全国ネットが形成されて、最新の科学技術資料が中央から末端に至るまで迅速に普及しています。

今、人民の誰もが科学技術殿堂を訪れ、知識を積んでいます。

(観光)

ike220412026_001.jpg
ike220412026_002.jpg
ike220412026_003.jpg
ike220412026_004.jpg
ike220412026_005.jpg
ike220412026_006.jpg
ike220412026_007.jpg
ike220412026_008.jpg
ike220412026_009.jpg
ike220412026_010.jpg
ike220412026_011.jpg
2022.05.09の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 과학기술전당
*2 大同川(大同江、대동강)
*3 艾島、蓬島(쑥섬)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-10 (火) 20:29:08