科学技術普及センター・科学技術殿堂

ピョンヤンの都心を流れるテドン川*1のスク島*2にある科学技術殿堂*3です。チュチェ105(2016)年1月1日に竣工しました。科学技術殿堂を中心にして、全国的なネットワークが構築され、新しい科学技術の資料がピョンヤンから下部末端に至るまで水が流れるようにして普及されています。

科学技術殿堂を通じて、人民みなが学んでおり、科学者、技術者だけでなく、各階層の勤労者が科学・技術上の懸案をスムーズに解決しています。科学技術殿堂は、敬愛する金正恩総書記の深い関心と細やかな指導の下に建てられました。

金正恩総書記は直々現地に赴いて科学技術殿堂を建てる構想を練り、何度も建設現場を訪れて具体的に指導して、竣工の日にはテープカットをしました。

これには全人民科学技術人材化を実現して、科学技術の力によって社会主義強国建設を推し進めようとの、金正恩総書記の気高い意志が込められています。

(今日の朝鮮)

ike211006001_002.jpg
ike211006001_001.jpg
ike211006001_003.jpg
2021.10.20の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)
*2 艾島、蓬島(쑥섬)
*3 과학기술전당

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-21 (木) 19:05:29