科学技術で繁栄の活路を開く

科学技術は誰もが願って止まない夢と理想を実現するための強い原動力、国家と社会の発展の強力な推進力です。そういう意味から科学技術はすなわち、国の力、と言えます。科学技術を自分のものにすれば強者になり、科学技術を疎かにし、科学技術競争で負ければ弱者になり、奴隷になるのが現状です。

敬愛する金正恩総書記は科学技術を社会主義建設を牽引する機関車、国家経済の主な発展の動力とみなして、科学技術で繁栄の活路を開いています。総書記は科学技術重視の路線を示し、折に触れて現代は科学技術で発展し、科学技術に頼って生きる時代だと言いました。

そして、何回も国家科学院を現地指導し、国の科学研究をさらに高い段階に引き上げる上で指針となることを教えています。また全人民科学技術人材化のスローガンの下に人民みなを先端科学技術を身につけた科学技術人材に育てる構想を練って、行く先々で科学技術を重視することを強調しました。

チュチェ105(2016)年の元日、ピョンヤンでは総書記の臨席の下に科学技術殿堂が竣工しました。殿堂を見た総書記は、これがまさに労働党の構想が実現した全人民が学ぶ大殿堂、先端科学技術の普及の拠点だと言いました。科学技術殿堂を通じて人誰もが思う存分学び、新たな科学技術の資料が国中に水が流れるように普及しています。

金正恩総書記は科学よりまず、人を見て、科学研究の成果より先に科学者の信念と良識を重んじて、科学者、技術者を押したて、配慮の限りを尽くしています。国の宝のような存在である科学者、技術者のためなら惜しむものがないといって、住宅や休養所も建設するようにして、自ら建設現場に赴いて見事なものに建てるようにしました。

その信頼、その恩情がそのまま困難が重なる中でも科学探求の道を行く科学者、技術者に飛躍と前進の元肥となっています。

これまでの10年間、朝鮮に生まれた多くの建造物と国力を誇り示す驚くべき成果は科学技術でなされた結果なのです。

(今日の朝鮮)

fig1
 
fig2
ヨンプン科学者休養所
fig3
ミレ科学者通り
fig4
ウンハ科学者通り
fig5
ウィソン科学者住宅エリア
2021.11.22の記事

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-23 (火) 19:03:17