贈り物 白耳キヌザル

こちらは平壌にある中央動物園です。

この動物園には敬愛する最高指導者金正恩元帥に、チュチェ103年(2014)7月17日、スウェーデン・スカンセン動物館館長ヨナス・ワルストレム氏から贈られた白耳キヌザルもあります*1

耳の前面に、白い扇状の長い毛が生えていて白耳キヌザルと呼ばれるこの猿は、ブラジルのアマゾン川の河口付近に分布しています。

木の上で、主に虫や小鳥、そして鳥の卵や果実を食べながら暮らすこの猿は、体が非常に小さく、霊長目の中では一番小さいものとされています。大きくなったものの頭胴長が19センチメートル、体重は260グラム、尾の長さは28センチメートルほどです。

毛の色はベージュ色で、背部や大腿部の外側には灰色と黒色の横筋があり、頭部や首は黒く顔には白い斑があります。耳の前面を覆っている白い扇状の毛は生まれて20日ほどで生え始め、150日で耳の周りを長い毛で包みます。

白耳キヌザルは木の上から距離を正確に判定出来るよう視覚が発達しており、長い尾は枝から枝へと安全に跳び回るよう速度を調節し、体のバランスを保つ役割をします。木の上で敏捷に乗り移るよう足の親指の爪は平爪、他のものは鉤爪に進化しました。

蝙蝠のように超音波を発しながら、群れと連携をとります。雄は雌を助けて、子もよく顧みるといいます。現在、絶滅危惧種となっている白耳キヌザルは、世界的な保護動物となっています。

中央動物園の贈り物動物館のチーフ・エンジニア・ソンウ・ヒョさんのお話です。

「白耳キヌザルはヨナス・ワルストレム氏の動物館で特別、大事にされており、世界的にもその輸出が極めて制限された動物です。しかしヨナス氏は白耳キヌザルの雌2匹を金正恩元帥に贈ることにしました。ヨナス氏は元帥が人民により素晴らしい文化生活の条件を作ってあげようと、中央動物園を訪れた姿を見て、感激を禁じえなかったと言いました。絶滅危惧種の動物の増殖と保護に一生を捧げているヨナス氏でしたが、今までどの国の元首も人民のために動物園まで訪れたという話を聞いたことがありませんでした。更に朝鮮はアメリカを頭とする帝国主義連合勢力の押しつぶし策動を粉砕しながら強国建設の厳しい道を歩んでいるではありませんか。それでヨナス氏は、正に、金正恩元帥は万人を惹きつける偉大な指導者だ、と感動を表しました。こうして白耳キヌザルが住処をここ動物園に移したわけです」

(世界と朝鮮)

img_nk180111_01.jpg
img_nk180111_02.jpg
img_nk180111_03.jpg
img_nk180111_04.jpg
img_nk180111_05.jpg
img_nk180111_06.jpg
img_nk180111_07.jpg
img_nk180111_08.jpg
img_nk180111_09.jpg
img_nk180111_10.jpg
img_nk180111_11.jpg
img_nk180111_12.jpg
img_nk180111_13.jpg
img_nk180111_14.jpg
img_nk180111_15.jpg
2018.01.11 サイト動画の聞き書き、字幕抜書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 日本語ではこの部分は、対象が生き物の場合には「…がいます」、「…もいます」となるが、朝鮮語では区別しないのだろうか? 単純に「或るものがそこに存在する」のだから「…があります」、「…もあります」としただけなのか?

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-13 (土) 00:58:29