為民献身の2021年

チュチェ110(2021)年の元旦、敬愛する金正恩総書記は朝鮮人民に直筆の書簡を送りました。

「新年おめでとうございます。
新年を迎えて、全ての人民に祝福の挨拶を送ります。
国中の全ての家庭の大事な幸せがいっそう花咲くことを望みながら、愛する人民の貴いご無事を敬虔に祈ります。
私は新年にも、人民の理想と願いが実現する新しい時代を手繰り寄せるために奮闘するでしょう。
苦しい中でも、変わることなくわが党を信じ、常に支持してくださった心に感謝します。
偉大な人民を支える忠心、一筋に変わらないことを改めて誓いながら。
金正恩
2021年1月1日」

2021年はこうして始まり、金正恩総書記は為民献身の道を続けました。

1月5日から12日までピョンヤンでは朝鮮労働党第8回大会が行われました。総書記は、党大会の招集は国の将来を担い、責務を果たして人民の深い信頼と期待に報いようとの朝鮮労働党の強い意志と厳かな誓いだ、朝鮮労働党第8回大会を働く大会、闘う大会、前進する大会にする、と明言しました。総書記は偉大な朝鮮人民を運命の天とみなして、真の人民の忠僕らしく、為民献身の道で奮励努力することを誓いました。

第8回党大会以後の数回の党会議で、総書記は人民生活関連のことを重要な問題として提起し、その解決のための課題と方途を示しました。そして朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期第5回会議で、朝鮮人民にさらに豊かな、文明開化した生活をさせるための労働党と共和国政府の政策的課題を明示した施政演説を行いました。

朝鮮労働党第8回大会では2021年から2025年までの5ヵ年計画期間、ピョンヤン市に5万世帯の住宅を建てることが協議されました。それに従って、今年、ソンシン、ソンファ地区に1万世帯の住宅を建設することになり、3月23日、総書記の臨席の下に起工式が行われました。

起工式で金正恩総書記は熱い人民愛と建設者への深い信頼の思いが込められた情熱的な演説をしました。総書記はピョンヤン市に5万世帯の近代的な住宅を建てるのはピョンヤン市民により安定した文化的な生活条件を提供するために、朝鮮労働党が前々から深く考え、準備してきた宿願のプロジェクトだとし、世界で一番立派な、偉大な朝鮮人民が暮らす理想の街を建てようと言いました。

1万世帯の住宅の建設と共にピョンヤンではポトン川沿いの段々式住宅エリアの建設も進められました。総書記は何度も現場に赴いて工事の重要性に触れ、市民に少しの不便も与えないように住宅をつくること、これからここに住む市民が利用するバスのコースにいたるまで深い関心を持ちました。

チュチェ110(2021)年11月、金正恩総書記はリャンガン道サムジヨン市を現地指導しました。山間部の文化都市の立派な標準、理想的なモデルとなる地方都市に変わったサムジヨン市の各所を見て、総書記はサムジヨン市の建設は地方の人民を文明開化した物質・文化生活へと跳躍させるためのひとつの新たな革命の起点になると言いました。

変革を遂げたサムジヨン市の人々が朝鮮労働党の恩を歌い、とても喜んでいるとの話を聞いて、人民が嬉しく思う甲斐ある仕事をしたと言う思いで胸がいっぱいになる、人民の声はすなわちサムジヨン市の建設を総評することだ、とても満ち足りた感じだ、と重ね重ね評価しました。

このように金正恩総書記の為民献身により、2021年は勝利の年として見事に飾られました。

(今日の朝鮮)

ike211207008_001.jpg
ike211207008_002.jpg
ike211207008_003.jpg
ike211207008_004.jpg
ike211207008_005.jpg
2021.12.21の記事
 

瓊楼洞・普通江階段状住宅地区ポトン川の新しい歴史新たな理想と抱負を語る一年(2021)国家負担で住宅を建てる国家負担による住宅建設住宅建設を大々的に絶対的基準(普通江沿い段々式住宅)朝鮮労働党にとって一番重大な課題は徳義と愛情で強国の夢を!日増しに変貌するピョンヤン文化的な生活をさせようと



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-22 (水) 18:59:07