漁港に鳴り響いた「大漁の歌」

チュチェ102(2013)年、東海岸地区の8月25日水産事業所では30数年ぶりの高い漁獲高を記録しました。事業所の従業員は敬愛する金正恩総書記に手紙を書いてそのことを知らせました。手紙を受けた総書記は12月11日、直筆の返書を送り、遠く離れている事業所を訪れました。

塩漬けの倉庫も冷凍貯蔵庫も魚で一杯でした。総書記は、満ちあふれそうだと明るく微笑み、魚の山をバックに同行した人たちと共に記念写真を撮りました。そして、この水産事業所に来てみると、おのずと笑みが浮かぶ、漁港に大漁の船の汽笛、船蔵に魚いっぱいという歌のくだりがおのずと浮かんでくると言って大いに喜びました。

こうして生まれた歌が「大漁の歌*1」でした。

漁港に大漁の船の汽笛
船蔵に魚いっぱい 笑い溢れる

魚を受けて喜ぶ人民の姿を思い描くたびに、総書記はこの歌を好んで歌いました。

チュチェ103(2014)年11月18日、大漁をもたらした第18号水産事業所を訪れたときのことでした。陸揚げ場では魚が滝のように流れ落ちていました。魚の滝を眺めて明るく笑っていた総書記は、傍の人たちが引き止める暇も与えず、垣をめぐらした陸揚げ場に軽く足を踏み入れました。

魚に混じって流れ落ちる海水があちこちに飛び散って服の裾に染み、床に流れる水が革靴を濡らしましたが、総書記は終始、笑みを絶やしませんでした。どんなに素敵な眺めだろう、積もった疲れがすっかり取れるようだと言って、総書記は「大漁の歌」の一くだりを口ずさみました。

漁港に大漁の船の汽笛

大漁のことがあまりにも嬉しくて楽しく歌を歌う総書記でした。周りの人たちが続けて次のくだりを歌いました。

船蔵に魚いっぱい 笑い溢れる

漁港に鳴り響いた「大漁の歌」には、人民の喜びを一番大きな幸せとする人民の父の熱い思いが込められていました。

(今日の朝鮮)

ike220117002_002.jpg
ike220117002_005.jpg
2022.02.21の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 海の豊漁歌(바다 만풍가)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-02-22 (火) 19:19:34