母親の幸せ

11月16日は、わが子のために愛情の限りを尽くしている国中の母親を祝う日、母の日です。

国と人民のために貢献する立派な人に成長したわが子の祝福の中、この上ない喜びと幸せに満ちている母親たちです。家庭生活のきりもりの一方、子の面倒見で手を休める暇もなく忙しく働いていても、それが国のためのことになるという思いで喜びもひとしおです。

ピョンヤン市*1トンデウォン区域*2チェ・オクエさんのお話を聞いてみましょう。

「子を産んだだけで、母親になるのではないと思います。また、わが子にご馳走を食べさせ、新しい服を着せるのが母性愛で、母親の幸せの全てだとは言えません。国のため大きなことができるよう導き、育てて初めて、母親の役目を果たすと言えるし、またそれに母親の幸せもあるのだと思います」

チェさんの2人の息子は英雄称号受賞者で、周りの人みなが羨んでいます。設計士の長男は38歳に、人民軍将校の次男は40歳に労働英雄の称号を受けました。

長男のサ・ソンイルさんのお話です。

「母は私たち兄弟が自分の持ち場で本分を全うするよう、こまめに世話してくれました。私がしりごみしたりすると、後ろから背中を押してくれ、設計についての助言もして、30代に功労設計士、英雄の称号を受けるよう陰の努力を傾けてくれました。弟も母の偽りのない熱い愛情と援助の中、英雄になりました」

誰にも、母親への思いは深くて熱く、一点の汚れもなく清らかなものです。家に帰ると、再び設計図を前にして思索に耽る母の姿は、息子たちに国と人民のためにどうするべきかを無言で教えた鑑でした。立派な子の後ろには立派な母がいる、と言います。

英雄称号を受けた兵士、科学者、選手の姿に、人々はその母親の姿を重ねてみます。一家庭の垣根を越えて、国を先に思う母であるほど、子たちは深い尊敬の念を抱くものです。

金正淑ピョンヤン紡織工場の労働者キム・ジュギョンさんのお話です。

「母親はわが子が党と指導者に忠実に従って偉勲を立て、人々から愛され、尊敬される時、この上ない喜びと幸せ、誇りを感じるものです。党と指導者、国と人民のために尽くす英雄、愛国者に育てること、これが今の時代の母親の真の幸せで生き甲斐なのです」

職場で「駿馬に乗った娘」と呼ばれる模範労働者のキムさんは、常に母の頼みを忘れていません。それで、これまで以上の能力を発揮して、2台の粗紡機を扱い、毎年、人民経済計画を一番先にやり遂げました。このように、母親の愛情は、国に対する責任感を自覚した最も気高いものです。

わが子を国と人民のために献身する立派な人に育てるのに家庭の幸せもある、と朝鮮の母親は思っています。朝鮮では、子をたくさん産んで立派に育てる母親に母性英雄の称号を授け、盛大な母親大会も開いて、母親たちを栄光の壇上に立たせています。敬愛する最高指導者金正恩委員長は、大会の参加者と共に記念写真も撮りました。

正に、朝鮮の母親たちはありがたい社会主義制度に恵まれて子を産み育てています。

(今日の朝鮮)

ike191004006_001.jpg
ike191004006_002.jpg
2019年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 東大院区域(동대원구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-15 (金) 19:05:02