母親の人生

11月16日は朝鮮では母の日です。意義深いこの日、国の配慮の下、わが子と近所の人たちの祝福の中、誇りに満ちた生活を送っている共和国の母親たちの幸せいっぱいの姿を見るたびにありがたいこの国に対する感謝の念で胸は熱くなるばかりです。

解放前、日帝に国を奪われた時、我が子の運命を守ることもできなかった朝鮮の母親たち。朝鮮の母親たちが真の人生を迎えたのは偉大な金日成主席が国を取り戻したときからでした。

長い歳月、日帝の過酷な植民地支配と封建の束縛の中、2重3重に蔑まれ、虐げられてきた母親たちは国の解放後、男女平等権法令と共に社会の堂々たる主人となりました。我が子の将来を喜びの中、見守る幸せな生活が始まりました。

チュチェ50(1961)11月、金日成主席の臨席の下、朝鮮初の全国母親大会が盛大に開かれました。この日、主席は「子供の教育における母親の任務」という歴史的な演説をしました。

演説で主席は幼いとき、母親から学んだことは一生を通して忘れられない、私たちが一番長く覚えているのは母の言ったことや母が示した模範だと言い、子供をどう教育すべきなのか、その方法まで詳しく話しました。

その日の意義深い演説を一句一句心に刻み付け、共和国の母親みなは子供の教育に一層励みました。我が子への本能的な愛情だけでない真の母性愛を持つもっとも身近な師、肉体だけでなく健全な精神も育てる立派な教育者、これは歴史のその日に生まれ変わった母親たちの新しい姿でした。

母親たちの尽きることのない真心が美しい朝鮮の社会の土壌となり、根っことなりました。その下で育った息子、娘たちが栄える国作りの頼もしい担い手になりました。

このように金日成主席は母親みなが時代と革命、国と民族に対し担った栄誉の任務を自覚し、気高い人生を送るよう労苦の限りを尽くしました。主席の下で生きがいある人生を営んできた母親たちの誇りと栄誉は偉大な金正日総書記の下で、いっそう輝きました。

金正日総書記は社会中に女性を尊重する気風を確立させ、苦難の行軍強行軍と呼ばれるほど国がとても苦しかった時にも母親と子供たちに対する国の保護と配慮が満遍なく行き届くよう細かく顧みました。

オム・ボクスンという女性がいますが、この女性は我が子みなを自分のように軍隊に入隊させました。金正日総書記はこの女性のことをとてもけなげに思い、革命的軍人家庭のモデルとして押し立てました。

そして先軍の時代の母親たちの栄誉が満ち溢れるよう、「妻をいたわろう」、「うちの女房」のような女性賛歌がこの時代に高らかに響き渡るようにしました。

主席と総書記の思いやりは敬愛する金正恩元帥によってそのまま引き継がれています。金正恩元帥はチュチェ101(2012)年11月、第4回全国母親大会を開催し、母の日を意義深く記念するようにしました。

母の日に元帥は、今日、多くの人々が母親に祝いの葉書も送り、母親たちと一緒に祝日を楽しんでいるといって、とても喜びました。そして、一人の子を育てるには5万工数がかかるというが、息子娘たちのために生涯のすべてを捧げながら、代価や評価は少しも望んでいない母親たちの心のうちも推し量りました。

まさに太陽があって世の中の万物が蘇るようにまたといない偉人たちの深い信頼と配慮があって朝鮮の母親たちの人生は輝きを増しています。

2015年の記事

子供の教育における母親の任務(全国母親大会でおこなった演説)



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 17:00:59