次の世代のための法典

チュチェ111(2022)年2月、最高人民会議第14期第6回会議で朝鮮民主主義人民共和国育児法が採択されました。これは単なる一つの法文書の採択ではありませんでした。次の世代のためなら多大な負担や苦労も買ってすると言うわが国家の法的宣言でした。

朝鮮の法制の歴史を振り返ると、子供のための初の法である幼児保育教育法が1976年に採択されました。この法は1978年の社会主義労働法や1980年の人民保健法より先に採択されました。その後、子供のための人民的施策が盛り込まれた法が増え続け、その内容も修正補足されました。

チュチェ88(1999)年3月4日、幼児保育教育法が修正補足されました。
チュチェ99(2010)年12月22日、児童権利保障法が新たに採択されました。
チュチェ102(2013)年4月4日、幼児保育教育法の一部の条項が修正補足されました。
チュチェ103(2014)年3月5日、児童権利保障法が修正されました。
・・・

女性権利保障法と労働保護法、教育法などの法を通じても子供のための社会主義的施策は深まり、時の流れと共にさらに強固なものになりました。

2021年6月、朝鮮労働党中央委員会第8期第3回総会が行われました。総会では労働党の育児政策を改善する議案が協議されました。

敬愛する金正恩総書記は子供の成長発育で託児所、幼稚園の時期が一番重要な年齢期だとし、国家負担で国中の子供に乳製品を始め栄養食を供給するのを党の政策に策定することに触れ、その実行のための具体的な課題と方途を示しました。そして、全ての幹部が親心で託児所、幼稚園の子供をよく食べさせることに格別の関心を向け、党の育児政策の実行に実質的に寄与することで党と革命、国と人民への忠実を検証されるべきだと強調しました。

総会では総書記の提案を深い感動の中に審議し、全幅の支持と賛同の中に関連決定を全会一致で採択しました。こうして朝鮮労働党の育児政策が盛り込まれた育児法が採択されました。

乳製品を始め栄養食を国中の子供に無料で供給するのはわが国家にとって莫大な投資を要することでした。しかし、子供のための国家の損失は損失ではなく、子供のためにより多くの資金が支出されるほど国の未来が明るくなると言うのが次の世代に対する朝鮮労働党と国家の気高い観点、徹底した政治信条です。

この観点、政治信条が最も厳しい試練を経る時に育児法の採択のような歴史的な出来事をもたらしたのです。

それで朝鮮人民は試練が折り重なっても明るい未来が待っているとの確信を持って未来のために奇跡を生み出しています。

(フィーチャー)

ike220520016_001.jpg
ike220520016_002.jpg
2022.05.31の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-01 (水) 19:50:52