育児法の細則を探る

朝鮮民主主義人民共和国育児法はチュチェ111(2022)年2月に採択されました。この法は1976年に採択された朝鮮民主主義人民共和国幼児保育・教育法の付随法です。

4章、61ヶ条からなる育児法は幼児の栄養食品の生産と供給、幼児養育条件関連の秩序を決めています。育児法には次のような条項があります。

「国家は幼児の栄養食品の生産及び供給体制を整然と立て、幼児の皆に乳製品などの栄養食品を無償で日常的に供給し、もっとも立派な養育条件を保障する」

昨年6月、朝鮮労働党中央委員会第8期第3回総会では、国中の幼い子供たちに乳製品などの栄養食品を供給するのが党の政策として規定されました。これがそのまま育児法に盛り込まれています。法に明記されているように朝鮮の幼い子供たちにはだれかれ問わず、国家から乳製品などの栄養食品が無料で供給されています。

新しい世代のために被る損失は損失でなく、子供のためにより多くの資金が支出されるだけ国の未来は明るくなると言うのが朝鮮労働党と共和国政府の新しい世代に対する観点、ゆるぎない政治信条です。

育児法にはこうした条項もあります。

「育児は国と社会挙げての事業であり、子供たちを国と社会の負担で育てるのは重要な共産主義的施策である」

朝鮮では日本帝国主義者の植民地支配が一掃されて3年目のチュチェ37(1948)年に最初の託児所が建てられ、1950年代の祖国解放戦争の時にも党と国家の格別な関心の中、幼児の保育・教育はたがえることなく続きました。

幼児保育・教育法の採択によって、1970年代には1960年代に比べて、託児所が4.6倍に増えました。朝鮮では街の建築予想案で託児所と幼稚園の設計が優先されており、女性の多い工場にはきまって託児所と幼稚園があります。

育児法には幼児の健康と発育に悪影響を及ぼさないよう、託児所と幼稚園の敷地を見立てること、幼児の心理に合わせて児童文学芸術作品をより多く創作すること、備品と楽器、玩具の提供、飲料水と室内の温度、暖房及び炊事のことにいたるまで具体的に盛り込まれています。また育児に対する指導と統制関連の条項も詳しく記されています。

子の立派な成長と幸せな将来を裏付ける育児法のことを、朝鮮の母親たちは口をそろえてこう言っています。

党と国家が立てた幼児養育の証だと。

(政治―その他)

ike220413025_005.jpg
ike220413025_002.jpg
ike220413025_010.jpg
ike220413025_008.jpg
ike220413025_004.jpg
ike220413025_003.jpg
ike220413025_006.jpg
ike220413025_007.jpg
2022.07.15の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-06 (土) 19:44:21