果樹栽培業の発展に尽くす

近年、共和国の果樹栽培部門で成果が収められています。朝鮮の気候風土に合い、生産性の高い優良品種の果樹を多く植え、味と品質の良い品種を栽培しています。集約化、近代化がハイレベルで実現した大規模な果物の産地と各地の果樹農場でヘクタール当たり50トン以上の収量を出しています。大規模な果物の産地には、人民に美味しい果物を食べさせようと常々深い関心を持っている敬愛する金正恩総書記の思いやりが秘められています。

チュチェ105(2016)年8月、テドンガン果樹総合農場を再び訪れた金正恩総書記は、果てしなく広がる果樹園を眺め、テドンガン果樹総合農場は偉大な金正日国防委員長が人民に残した祖国愛、人民愛の遺産の一つだと言いました。そして、農場の人たちは人民に四季を通して新鮮な果物をふんだんに食べさせようと腐心し、献身と苦労を捧げた国防委員長の願いをいつも忘れず、毎年より多くの果物を生産することで国防委員長への気高い道徳的信義を守るべきだと言いました。

チュチェ105(2016)年9月、コサン果樹総合農場を訪れた金正恩総書記は、党の導きによって広がったチョル峰の下のリンゴの海がいついつまでも波打ち、果物の香りが満ち溢れるようにして、人民に果物を充分食べさせようと心血を注いだ金日成主席と金正日国防委員長の指導の業績を輝かせるべきだと言いました。今年、数十ヘクタールのリンゴ畑でヘクタール当たり50トン以上の収量を見込んでいるというが、大したものだ、収穫したリンゴを人民に送るなら、喜ぶだろうと言いました。

チュチェ106(2017)年9月、果物の産地であるファンヘ南道*1クァイル郡*2を訪れた金正恩総書記は、見れば見るほど喜びで心がうきうきする、人民がクァイル郡の果物の大豊作の知らせを聞けばどんなに喜ぶだろうと思うと、積もった疲れがきれいに癒される、珍しい果物の大豊作をもたらしたクァイル郡の人たちに自分の感謝の挨拶を伝えて欲しい、と言いました。

国の果樹栽培業の発展のため腐心し、関心を向けている金正恩総書記は、果樹農場を訪れる度に、ヘクタール当たり50トンの果物を生産し、生産の科学化、集約化の水準をもっと引き上げること、生産性が高く、風味がある果物の種子を受け入れ、優良品種の苗木の生産を正常化すること、果樹と畜産、畜産と果樹のサイクルシステムを立てて果樹園の地力を高め、世界の果樹栽培業の発展に相応しく、先進技術を積極的に取り入れることなど、果物の生産を一段と引き上げられる課題と方途を示し、そのための具体的な対策まで立てました。

金正恩総書記の細やかな導きによって、国の至る所に毎年、香りいっぱいの果物の海が広がっています。

(今日の朝鮮)

ike210818010_001.jpg
ike210818010_002.jpg
ike210818010_003.jpg
ike210818010_004.jpg
ike210818010_005.jpg
ike210818010_006.jpg
ike210818010_007.jpg
2021.09.22の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 黄海南道(황해남도)
*2 과일군

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-23 (木) 19:16:09