新しい抗癌剤を開発した医学者

人間にとって、死亡率トップの病気は、心臓や脳血管系の病気と癌性疾患とされています。

共和国の医学研究部門で、心臓血管系の病気と癌性疾患など罹病率と死亡率の高い病気に対する研究を深めて、朝鮮人の体質に合い、治療効果の大きい医薬品を開発しています。

医学研究院の腫瘍研究所の主任である教授、博士ラ・ヨンホさんは、共和国で初めてコリョ薬による分子標的治療薬を高い水準で開発して、独自の先端抗癌薬物の開発の草分けとなりました。久しい前から世界の癌治療薬の開発に注意を向けたラさんは、癌細胞の増殖と浸潤、転移を誘発する基本因子を標的で治療する分子標的薬をもっとも理想的な癌治療薬だと思いました。

ラ主任のお話です。

「分子標的治療の基本の目標は癌細胞の増殖を抑止することです。癌を抑止すれば、気楽に暮らし、天寿を全うすることができます。それで、分子標的薬が出現し、分子標的治療が始まりました。世界では合成方法が一般的ですが、私たちは、コリョ薬剤から成分を抽出して測定方法を確立し、癌抑止活性が一番高い比率を見つけました。これは、国際分子腫瘍学科学討論会で最優秀賞を授かりました」

ラさんは、多くの国が注目した化学的製造方法でなく、初めから朝鮮人の体質に合うコリョ薬剤で分子標的薬を作る目標を立て、共同研究に取り掛かりました。研究を始めて数年後、進んだ技術を要する分子標的薬であるクララの抗癌注射薬の製造に成功しました。

胃癌など各種癌性疾患の予防と治療に使われるこの注射薬の効能についての研究論文は、欧州で行われた国際科学討論会で高く評価されました。その後、尽きない情熱と努力を傾けて、タラの若芽を原料に、治療の範囲が広くて、効果が著しく、使いやすい抗癌剤の錠剤をまたもや開発しました。

長い研究を経て、従来の抗癌剤とは違って、正常な細胞に影響を及ぼして消化を妨げたり、人体の免疫を低下させたりするような副作用がほとんどないことを解明しました。ラさんが開発した分子標的薬は、国内の複数の製薬工場で生産されています。

モランボン・コリョ薬工場キム・グムシルさんのお話です。

「工場では人民の健康と治療に役立つコリョ薬を生産しています。先頃も分子標的薬であるタラの若芽で作った抗癌剤の錠剤を生産しましたが、服用者の間で評判です」

この抗癌剤は、国中の各病院で手術が不可能な進行期状態の患者と前癌性疾患の患者の治療で大きな効果を現しています。

ラさんは人民の期待の中、今も新しい抗癌剤の開発に奮闘しています。

(今日の朝鮮)

ike201014055_001.jpg
2020年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-11 (金) 21:23:33