愛国の一念で

ピョンヤンの中央動物園が市民の関心の中、立派にリニューアルされました。ペクトゥ山*1のトラを表す重厚感溢れる本館、頭をもたげた大きな亀の形の爬虫類館などすべての動物小屋が、遠くから見ても何の動物かすぐ分かるようビジュアルに、また、造形芸術的に見事に作られました。

朝鮮職業総同盟中央委員会リャン・ミョンシムさんのお話です。

「これほど立派な動物園を作ることに私の汗と真心も捧げられたと思うと胸がいっぱいになります。木一本、憩いの場の椅子一つ、動物小屋の欄干一つにも愛着を抱きます。特に敬愛する金正恩元帥が現地指導した後、地下鉄の中でも、トロリーバス*2の中でも動物園の話で持ちきりですが、そのたび誇りを感じます。動物園の建設に私も寄与したのですから」

リャン・ミョンシムさんはある地方都市に住んでいました。2年前にピョンヤンに移りましたが、当時は、中央動物園のリニューアル工事の最中でした。職場でも村でも中央動物園の話をよく耳にしました。

これから動物園で南極のペンギンも、珍しい動物芸サーカスも見ることが出来る、だからピョンヤン市民なら中央動物園のリニューアル工事に寄与すべきだと言う話でした。それでリャンさんはピョンヤン市民の一人として工事を助けることを思い立ちました。

三歳の娘を育て、いつも時間が足りませんでしたが、ひまひまに建設者のため作業用手袋を数千個も作りました。この手袋と多量の支援物資を持って工事現場を訪れ、歌も歌って建設者を励ましました。

昨年3月から工事が本格的に進められると建設者と共に汗して働きました。毎日、仕事を終えると工事現場へ向かいました。でも疲れるどころか、日を追って変貌する動物園を見て生きる喜びを感じました。

リャン・ミョンシムさんのお話です。

「中央動物園の建設は人民の幸せな生活のためのもので、とりもなおさず、私と家庭、娘のためのものです。やるべきことをやっただけですが、光栄にも敬愛する金正恩元帥からの感謝をもらいました。この光栄を胸に国と人民のためもっと多くの仕事をします」

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 白頭山(백두산)
*2 トロリーバス(英: trolleybus、米: trolley bus)とは、道路上空に張られた架線から取った電気を動力として走るバスを指す。「トロリー」とは集電装置のこと。外観も操縦法もバスに近い。略してトロバスとも呼ばれる。北朝鮮の標準語(文化語)では「無軌道電車」(무궤도 전차、ムグェドジョンチャ、Mugwedo jeoncha)という(韓国側では「トロリーバス」(트롤리버스、トゥロルリボス、Teurolribeoseu))。(Wikipedia)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-10 (金) 11:40:32