恵まれた人たち

朝鮮人民は代を継いで指導者、将軍に恵まれていることを一番の幸せと思っています。それは、偉大な金日成主席と金正日総書記、敬愛する金正恩元帥を高く戴いたのでこの地に世紀に輝く変革と幸せがもたらされたからです。

先日、「朝鮮の声」放送宛に、ピョンヤン市*1ヒョンジェサン区域*2のソポ*3という町に住んでいるパク・オクソンさんから次のようなお手紙が寄せられました。

「7枚の記念写真を前にこの手紙を書いています。周りの人たちは私のことを幸せに恵まれたおばあさんと言っています。うちの一番の家宝といいますと、朝鮮人民軍海軍の将校だった夫が偉大な金日成主席と金正日総書記と共に撮った記念写真です。国の解放前は埠頭の労働者として蔑みの中、生きて来た夫が人民軍海軍の将校になって主席と総書記に見えたのですから、それが一番の自慢だと言うことです。次に金日成主席と金正日総書記の許で四人の息子と娘を無料で大学まで卒業させたこと、これやはり私が恵まれていることの証ではないでしょうか。今はその子達が結婚しましたが、婿と嫁もみな大学出です。恵まれたおばあさんと呼ばれるもう一つの理由があります。孫が朝鮮少年団創立66周年記念行事に参加して敬愛する金正恩元帥と共に記念写真を撮ったことです。主席と総書記と共に撮った記念写真のそばに今は元帥と共に取った記念写真も並んでいますので、周りの人たちが羨むのもうなずけることでしょう」

パクさんの手紙はここで終わりましたが、金日成主席と金正日総書記、金正恩元帥の許で幸せに生きてきたおばあさんの姿が目の前に浮かんできました。

金正淑ピョンヤン紡織工場の労働者ムン・ガンスンさんも恵まれた人の一人です。

ムンさんはより多くの布地の生産で国の主人の本分を全うしよう、という思いで仕事に励みました。それで作業の能率を高める色々な方法を編み出してたくさんの機械を受け持ち、毎年人民経済計画を上回って達成しました。その日々にムンさんは栄えある朝鮮労働党の党員になり、金日成青年栄誉賞労働英雄称号の受賞者、最高人民会議代議員になり、国中に広く知れ渡りました。

この2人だけでない国中の人みながまたといない偉人たちの祝福の中、張り合いある人生を営んでいるのが今の社会主義朝鮮です。

2015年の記事
 

ムン・ガンスン甲斐ある労働生活機織工の姿から恋しさ一杯の2012年指導者と人民偲ぶ思い歌となって祝福された新婚夫婦女性の労働者代議員人民の心の中に生き続ける金正日総書記永久なる人生を歌う人民

 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 兄弟山区域(형제산구역)
*3 西浦(서포)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-15 (土) 17:22:59