徳義と愛情で強国の夢を!

朝鮮民主主義人民共和国が創建されてからこの70数年間、この地に変わることなく息づいているものがあります。助け合い、愛情を注ぎ合い、自分より他人のことを先に思い、偽りなしに自分を捧げる徳義と愛情です。

敬愛する金正恩総書記は、国中に徳義と愛情が満ち溢れ、徳義と愛情で睦まじく、その力で国が前進すべきだ、と言いました。金正恩総書記は人民の利益と便宜を最優先、絶対視し、社会の全ての富が人民の福祉増進に与えられるようにしています。そして、国家活動全般が人民の利益の実現に服従するようエネルギッシュに導いています。

近年、毎年、ふりかかる自然災害に対応するための対策を前もって講じ、直接被災地に出て状況を詳しく把握し、短期間に建てなおすよう導きました。また、敵対勢力の妨害策動が悪辣になる中、人民のための大建設をスケール大きく繰り広げるようにしました。今年もピョンヤンでは、ポトン川沿いの段々式の住宅エリアと1万世帯の住宅建設が積極的に進められています。

人民のためなら身がそのまま一粒の砂になって散らばっても悔いはない、その人民のために骨を削るような苦労も恐れてはならない、と言って、常に人民のために献身的に尽くしている金正恩総書記です。その献身の足跡が印されるところに立派な保健医療施設とモダンな住宅、人民の福祉増進のための創造物が数多く生まれました。

特に、学生少年宮殿と少年団キャンプ場、育児院、愛育院など子供のための建築が林立しました。国の経済事情が困難な中でも子供たちのための学用品に深い関心を持って、ミンドゥレ・ノート工場とカバン工場を建てるようにし、全国の生徒、学生の制服の生産にも気を配りました。

総書記は、力に余るほど子供たちに真心を尽くし、その愛情の力で共産主義の未来に向かって粘り強く進むのが朝鮮革命の前進の方式、発展の方式になるべきだ、と言いました。全ての活動の始まりと終わりも国の未来の子供たちのためのことにあり、次の世代のためのことでは代金を計算してはならない、というのが総書記の未来に対する気高い観点です。

総書記は、困難であるほど人民の中に入って強い柱となり、苦楽を共にしながら人民の福祉のために全てを捧げるべきだ、と常々強調しています。共和国の社会にみなぎる徳義と愛情の根底には、総書記の人民への熱い愛情と限りない献身の精神があります。

人民皆が食衣住の心配なしに無病息災にすごし、睦まじく暮らす社会、助け合い、導き合い、喜びも、悲しみも共にする徳義と愛情が満ち溢れる人民の社会を建設しよう、というのが朝鮮人民の理想です。

どの国、どの民族にも、強国の夢があります。

朝鮮人民は、金正恩総書記の周りに固く結集して徳義と愛情で強国の夢を実現するでしょう。

(フィーチャー)

ike210818005_001.jpg
ike210818005_002.jpg
ike210818005_003.jpg
2021.09.07の記事
 

瓊楼洞・普通江階段状住宅地区ポトン川の新しい歴史わがピョンヤンのために新たな理想と抱負を語る一年(2021)為民献身の2021年国家負担で住宅を建てる国家負担による住宅建設住宅建設を大々的に絶対的基準(普通江沿い段々式住宅)朝鮮労働党にとって一番重大な課題は朝鮮労働党の建設関連の政策日増しに変貌するピョンヤン文化的な生活をさせようと普通の人たちが住む通り



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-08 (水) 20:12:26