広く導入される生物肥料

有機農業を奨励する朝鮮ではその一環として生物肥料の研究に力を入れています。その結果、効能の高い生物肥料が開発され、全国的範囲で広く導入されています。その中には、国家科学院植物学研究所で開発した天然生物活性剤もあります。

WIPO、世界知的所有権機関ではチュチェ106(2017)年に天然生物活性剤を世界的な天然エコ無公害有機複合肥料と認め、ユ・ソンオク室長を始め開発者に発明家メダルを授けています。功労科学者の称号を受けたユ・ソンオク室長は、数十年もの間、国の農業の発展に大きく寄与した貫禄がある農業科学者です。

多くの農場で天然生物活性剤を利用してヘクタール当たりの収量を上げています。数百もの栄養成分と有機物質がバランスよく含まれている天然生物活性剤を利用すれば化学肥料の施肥量を減らし、または全く使わなくてもよいと言います。大水や台風、高温や干ばつ、降霜など不利な気候でも高くて安全な収量が可能になり、国内の生物資源を利用して開発されたので低コストのメリットがあります。

この生物肥料が好評を博し、穀物生産だけでなく果樹栽培や造林化にも有用に使われるので、導入するところが増えています。

(今日の朝鮮)

ike210409005_002.jpg
ike210409005_001.jpg
ike210409005_003.jpg
2021.05.11の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-12 (水) 20:45:29