年中咲いている「チョルチュク」

自然の花には季節があります。でも、ピョンヤン靴下工場で生産している靴下のブランドに描かれた「チョルチュク」、チョルチュクはくろふねつつじのことです、このチョルチュクは偉大な金正日総書記の人民愛をそのまま伝えながら四季を通して美しく咲いています。

ピョンヤン靴下工場は、チュチェ51(1962)年6月に創業し、今まで靴下を生産して来ました。性別、年齢別と、靴下の種類は数々あります。偉大な金日成主席はチュチェ66(1977)年3月、この工場で生産した靴下を見て人民が好む良質の靴下を量産することについて教えました。

進歩する時代にふさわしく靴下に対する人民の需要を満たすための金正日総書記の関心は格別なものでした。総書記は、人民のためなら何も惜しむものはないと言って工場の数十年を数える古い設備を丸ごと取り外して最新設備完備の婦人用靴下職場を新設するようにしてくれました。

そしてチュチェ99(2010)年12月10、工場を訪れました。婦人用のストッキング、ハイソックス、パンティーストッキングなど各種婦人用靴下の生産ラインを見た総書記は、靴下を手にしてその質も推し量りました。そして、これぐらいなら大丈夫だ、と、女性の好みに合うよういろいろな色をつけることと、紳士用靴下の生産ラインも新設することを具体的に教えました。

それで、製織、染色、熱処理、仕上げなどが流れ式になって、製品の模様とデザインがアレンジできる最新設備完備の能力がアップした婦人用と紳士用の靴下職場が生まれました。新設された各職場では、季節別の婦人用、紳士用、子供用、スポーツマン用の靴下をハイレベルで大量生産しています。

チュチェ101(2012)年7月2日、敬愛する金正恩元帥がピョンヤン靴下工場を訪れました。元帥は生産現場にずらりと並んでいる設備から流れ出る製品を満足げに見ました。

そして、靴下を手にして「チョルチュク」のブランドが気に入る、靴下は人々の日常生活に欠かせない必需品だけに消費者の好みと心理、センスに合いながらも色と模様、ラベルのデザインが世界的な趨勢に追いつかなければならないといいました。

チーフ技師リ・テソクさんのお話です。

「金正恩元帥はピョンヤン靴下工場に対する総書記の関心は格別だった、それで私も行かなければならない多くのところをさておいて靴下工場には是非行かなければと思ってこのように来た、といいました。そして、設備を着実に管理し、フル稼働させて、人民に総書記の思いやりがそのまま行き届くようにしなければならない、靴下が滝のように流れ落ちるようにしなければならないと念を押しました」

またといない偉人たちの熱い人民愛を現実に花咲かせるため工場の技術者、労働者たちはこぞり立ちました。工場の人たちは最新設備完備の条件に合わせて毎週1回ずつ技術学習をし,先進科学技術を学んでいます。そして設備をマスターし、スタンダードで靴下を生産しています。

「チョルチュク」ブランドの靴下は、毎年、全国一般消費財展示会とピョンヤン第1百貨店見本市で最優秀賞を受けています。

ピョンヤン靴下工場の「チョルチュク」はこれからも季節にこだわりなく咲き誇り、人民により大きな喜びを与えるでしょう。

2014年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-10 (月) 22:12:26