女性兵士が歌う歌

朝鮮人民軍には柿の木の中隊と呼ばれる中隊があります。海岸砲の女性中隊で、ここの軍人が格別愛唱する歌があります。

荒波の海辺の陣地に咲いている
潮風大好きなハマナスは私
夢にも忘れえぬ将軍の愛は
私の心にハマナス咲かせたの

「ハマナスの心*1」、この歌は偉大な金正日国防委員長*2が初めてこの中隊を訪れた1995年に創作されました。その年の2月、柿の木の中隊を訪れた国防委員長は、潮風が吹き荒れる砲陣地で女性軍人の訓練を見ました。そして、食堂で軍人の食生活に深い関心を向け、兵舎で女性軍人が使うクリームの香りまで嗅いで見て、窓の大きさにも気を使いました。

潮風の強い海岸で国を守って大事な娘時代を送っている女性軍人に格別愛情を注ぐ国防委員長でした。それがそのまま歌となり、中隊の軍人誰もが愛唱する歌となりました。

芸術公演のときは決まってこの歌が歌われました。金正日国防委員長は柿の木の中隊を訪れるたびに芸術公演を観たばかりか、中隊の軍人たちを劇場のステージにも立たせました。

この中隊で兵士を経て将校に服務したピョンヤン市*3チュン区域*4人民委員会のチョン・ヘヨンさんはこう語ります。

「私が柿の木の中隊に服務した時から20年近く経ちました。この中隊の兵士が一番愛唱する歌がこの『ハマナスの心』です。女性兵士の思いをそのまま表し、国をどう守るべきかを教えるこの歌を、私たちは金正日将軍を迎える度に歌いました。今もアコーデオンをひく時は一番先に浮ぶのがこの歌で、歌を歌えばその時のことが感無量に思い起こされます」

兵士時代の思い出を呼ぶ歌「ハマナスの心」!

この歌と共に柿の木の中隊に刻まれた金正日国防委員長の熱い恩愛が今に伝えられています。

(フィーチャー)

ike210716003_001.jpg
ike210716003_002.jpg
2021.08.22の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 해당화의 마음
*2 今日から「朝鮮の声」放送のサイトでも金正日を「国防委員長」と表記する記事が掲載され始める。
*3 平壌市(평양시)
*4 中区域(중구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-23 (月) 19:19:37